予想屋に新しいプラットフォームが必要か?

最近Twitterでフォローし始めたYouTuberさんが“新しい競馬予想屋のプラットフォーム作り”に取り組んでいるのだが、そもそも競馬予想屋に新しいプラットフォームなんて必要なのだろうか?

『レジまぐ』や『note』といったサービスのおかげで、誰でも手軽に予想屋を開業できるようになった。それはそれで良いことだと思う反面、「まるでラーメン屋のように乱立していて」、収拾がつかない状態になっている。ま、選択肢が増えるだけだから、特に懸念するような事ではないのかもしれないけど、競馬予想業に真剣に取り組んでいる人の中には「これちょっとマズイんじゃね?」と思っている人が少なからずいるようだ。

仮に予想屋をラーメン屋に例えるなら、単純に「何がラーメン屋に求められているか?」を考えればいいんじゃないかと僕は思う。別にラーメン屋でなくても構わないんだ。牛丼屋でも回転寿司でもファミレスでもコーヒー店でも構わない。要は「客は何を求めてお店に行くのか?」を考えるべきかと。外食に求めるものが「家では味わえない美味しさ」なら、予想屋に求めるのは「自分では達成できない成績」を求めるんじゃないかと。もし、求められているものが成績であるのなら、まず初めに「予想成績の可視化や、透明性を向上させるべき」だと僕は思うんだ。

しか~し!現実はそう単純なものではないようだ。ここからは僕の主観なので反論や異論があると思うけど、“予想成績の透明性だけ”で言ったらウマニティに勝るサイトは無いと言っても過言ではないと僕は確信している。ある意味、予想成績以外はブラックボックスだし、これと言ったコンテンツも無いので、あんまりお勧めのサイトではないんだけど、予想成績の透明性だけで言えばダントツでナンバーワンだと僕は思う。では何故、ウマニティが理想の予想屋サイトではないのか?それはズバリ「集客力に問題があるから」だと僕は思っている。要は、ウマニティの運営がダメダメなんだと。いや、運営だけではないのかもしれない。社長である哲ちゃんをはじめ、幹部社員が能無しなのかもしれない。

ハッキリ言おう!僕は正直者だから率直に言うけど、「予想のバラ売りが元凶」なんだと思っている。1レース1レース予想をバラ売りするから客から不満が出て、客離れを起こすのだと僕は考えている。当たり前の話「予想には調子の波がある」のよ。だから、「客に勝つ喜びを与えたい」と本気で考えているなら、せめて1ヶ月単位で予想を売るべきなんだと。月単位で黒字化できないような予想家なら「プロ失格」だと思う。もし月単位でマイナスなら「翌月半額」、いやいや、それじゃ甘いか?「翌月無料」くらい打ち出してもいいとすら僕は思っている。だって勝てるんでしょ?プロなんでしょ?「なんで少額な情報料を当てにしてチンケな商売やってるのよ?」って話だと思う。

もうこれだけ予想屋が乱立したら、プラットフォーム単位ではなく、個別に独自の味を打ち出していくしかないと思う。いい加減、ぬるま湯に浸かってちゃダメなのよ。その店独自の味を好きになってもらうしか生き残る術はないと思うから、「新しいプラットフォーム作りにはあんまり大きな期待はしていない」のが正直なところなんだ。ぶっちゃけ、他の予想屋集合サイトを見てみてよ。どこも代わり映えのしないポンコツサイトばかりじゃん(笑)長期間の成績を完全可視化して前面に押し出してる?第三者機関を通じて予想成績を公開してプラス収支を維持してる?してないでしょ?(笑)結局「みんなの意見を寄せ集めて形にできれば上手くいく」と言うのは幻想であって、リスクを冒してでも客の求めているものを提供する姿勢が客に伝わらなければ、結局は何も変わらないと思っている。

そもそもだよ。本当に勝てる予想ができるのなら「チマチマと予想を売らずに、その予想スキルで馬券で儲けちゃう方が手っ取り早い」なんて、小学生でも分かる話なのよ。それでも予想屋としてやっていくのなら、それ相応のリスクを冒す覚悟が無いと、この予想屋戦国時代は勝ち残っていけないと思っている。群れるんじゃなく、逆に一匹狼になってでも生き抜く覚悟とスキルが求められていると僕は思っているよ。

【京アニ】劇場版アニメの特集上映

とても良い試みだと思う。少しでも多くの人たちに
京アニの作品の素晴らしさを知ってもらうのは。

松竹マルチプレックスシアターズのお知らせ
https://www.smt-cinema.com/news/detail/023024.html

テレビでも十分その面白さは伝わるけど、
劇場の大きなスクリーンで見ると、また違うよね。
とりあえず、現時点で上映してるのは
新宿ピカデリー』と『MOVIX京都』の2場だけなのかな?
今後、横浜でもやるのなら『聲の形』を観に行きたいと思う。

放火事件で大切なご家族を奪われ、
時が止まってしまった人たちや
深い悲しみに暮れている人たちがいることを思うと、
京アニ再建の話はまだまだ時期尚早だと個人的には思う。
だから、10年後でも20年後でもいい。
いつになっても構わないので、復活を待っています。
でも今は、被害者やそのご家族や友人の皆さん、
犠牲者のご遺族の方々に寄り添ってあげて欲しいと思います。
「頑張れ!」なんて無責任なことは言いません。
僕はここで、ただ静かに待ち続けます。

※念のため、受付番号のみ画像処理しています。

「人を殺したければ車を使え」ってこと?

法律の限界を感じるわ。

昨日、2018年に兵庫県の加古川バイパスで起きた母子3人が亡くなった死亡事故の裁判の判決が下された。言い渡されたのは『禁錮3年』の実刑判決。これが長いのか短いのかは人それぞれなんだろうけど、亡くなった3人の無念を思えば「軽すぎる」判決だと思う。

つくづく「人の命って軽いな」って思う。

判決で神戸地裁は 「結果は重大極まりなく厳重な処罰は当然である」と言っているにも関わらず、下した判決がたったの『禁錮3年』だよ。それって「殺人1人あたり1年の禁固」ってことでしょ?起こしたくて起こした事故ではないにしても、3人の命を奪って『禁錮3年』じゃ、遺族だって納得できないでしょ?これが現行法の限界なんだろうね。

なら「人を殺すなら車を使えばイイ」ってこと?

「おいおい、乱暴なことを言うなよ」って、お叱りを受けるかもしれないけど、結局はそういうことでしょ?世間を騒がせた“あおり男”にしても、車を使った犯罪だから大した罪には問えないと聞く。どんな悪質な行為でも「車を使いさえすれば」大した罪には問われないという事だ。池袋で起きた暴走事故にしても大した罪には問われていない現実。現行法では、車という凶器を使えば、何人殺しても大罪にはならない。

結局、被害者は泣き寝入りするしかない。

被害者になった時点で負けが確定しているのだから、「被害者にならないようにする以外に、他に手の打ちようが無い」のが現実なのだろう。この加古川バイパスの事故の場合、渋滞の最後尾にいてトラックに追突されたみたいなので、前方に渋滞を確認したら、減速と同時にすぐにハザードを点滅させて後続車に危険を知らせよう!急速に減速しない程度に数回に分けてブレーキランプを点けるのも効果的だと思う。自分が追突しないだけでなく、自分が追突されない運転も常に意識しないといけないと思う。

あおり事件にしても、「あおられない」運転を心掛けるしかない。「あおってくるキチガイが悪いんだろ!」という人がいるが、車のハンドルを握る人なら分かると思うけど、あおる人なんて珍しくないんだよね。だから、前ばかりでなく後方から忍び寄ってくるキチガイにも気を付ける必要があると思う。例えば高速道路なら、追い越したらそのまま追越車線を走らずに走行車線に戻ろう。そもそも追い越し車線を走り続けるのは違反だからね。それにキチガイが好むのも追い越し車線なので、できるだけ左側の走行車線を走ることを心掛けるのも大切だと思う。

最後に、神奈川県大井町で起きた「東名あおり事故」について触れておくけど、あの事故では「キチガイを挑発した」ことが最大のミスだったと思っている。悪いのは犯人である石橋だ。そんなことは言うまでもない。だが、その石橋の“発狂スイッチ”を入れてしまったのは、他でもない亡くなった夫婦の夫なんだよね。「雉も鳴かずば撃たれまい」とはよく言ったものだよね。「邪魔だ!」なんて言わなければ家族を危険に晒すことも無かったし、 本人も命を失わずに済んだのに・・・。

例え正しくても、勝てるとは限らない

「自分が正しければ勝てる」と思い込んでいる人がいるけど、世の中には正論や法律といったものが通用しない人がいっぱいいる。「負けるが勝ち」じゃないけど、その場は負けることで危険を回避するのが結果的には正しい判断だったりする。つまらない意地を張っているより、安いプライドなんかサッサと捨てて、安全を優先しよう!世の中の大半は、あとで振り返ると「取るに足らない下らない事ばかり」なんだよ。一時の感情に流されて誤った行動を取るより、一歩引いて深呼吸をして冷静に行動しよう!

「金持ち喧嘩せず」「君子危うきに近寄らず」

社会の中には想像以上に多くのキチガイがいて、そのキチガイたちが車のハンドルを握って走り回っている。だから「車は安全な乗り物」という考えを捨てて、車のハンドルを握ったいる時も、そして街を歩いている時も、常に凶器が走っていると思って身の安全を守って欲しいと思っているよ。

【WordPress】Gravatarに気を付けろ!

タイトルが命令口調なんで「なんだよ!?」って思う人がいるかもしれないけど、WordPressの初期設定をしてて「登録しなければ良かった」と後悔したのが、この GravatarというWordPressのプロフィール(アバター)画像を管理するサービスなんだ。

ネットで新しいことを始める時、新たに色んなアプリをインストールしたり、色んなサービスに新規登録しなくちゃいけない事に、嫌悪感って言うか、抵抗感を覚える事ってあるよね?正直、「ブログ管理者のプロフィール画像くらいWordPress内で管理させてくれよ」と思う人は少なくないと思う。でもユーザーの管理画面では「Gravatarでプロフィール画像を変更できます」って書いてあるから、仕方なくGravatarに登録した人がいると思うけど、使いにくい上に、一度登録しちゃうと二度とGravatarを退会することができないみたいなんだ。なんて言うか、とんでもない悪徳サイトにハメられたような絶望感を覚えたんだ。 きっと僕以外にも同じように感じた人は少なくないと思う。 なので、まだ知らない人に知っておいて欲しくて、こうして書き残しているんだ。

実は、WordPressでプロフィール画像を表示させるには2つの方法があって、1つは前述したように“登録したら退会できないGravatar”と、もう1つ『WP User Avatar』というプラグインを使って表示させる方法があるんだ。「何があっても退会するつもりはない!」っていう勇者さんでない限り、プラグインで済ませておいた方が無難だと思うんだ。僕はこの Gravatarが嫌でWordPressを再インストールし直したほど。練習用のブログとヲタクドットコムなブログの管理者が同一人物になっちゃうのが無性に我慢できなくて、全てを1から作り直したくらいだよ(笑)

複数のサイト(ブログ等)を同一人物として管理するのならGravatarは便利なのかもしれない。でも野球のサイトでは太郎として、サッカーのサイトでは次郎として、ラグビーのサイトでは三郎として運営していきたいのなら、プラグインでサイトごとに個別で管理した方がいいと思うんだ。表では「仕事のできる男」を演じてても、裏では「ケモ耳(獣の耳を付けてる美少女)を愛でるフェチ」とかだったら、同じ名前で複数のサイトを運営するなんて、とてもできないと思うからね(笑)

てな訳で今日は、「Gravatarに気を付けろ!」というお話でした。これからもドンドンWordPressを使いこなしていけるように勉強するので、また何かあったら書きたいと思います。では今日はここまで。

ブログをXSERVERへ引越しました

JUGEMからXSERVERへ引越してきました!
と言っても引越したのはドメインだけで記事は置き去りです(笑)
これから心機一転で書いていくので、古い記事には未練ありません。

ちゃんとした記事をWordPressで書くのは、これが初となります。
改行の仕方だったり、フォントの色の変え方などなど、
分からない事や慣れないといけない事がいっぱいあるけど、
とりあえず引っ越し後『第1号』となる記事を更新するに至りました。

ブログのデザインは「テキスト中心か?」「画像中心か?」で悩んで、
「インパクトのある方」ってことでTwenty Seventeenにしました。
自分としては「キレイになった!」と満足してるんだけど、
読みに来てくださる方たちとしてはブログの見た目なんかより、
記事の中身の方が大事だから、面白い記事を書かなくちゃいけないね。

デザイン以上に悩んだのはトップページの画像の方。
「ヲタクらしくしよう」と等身大フィギュアの画像にしてみたけど、
なんかイマイチ画像がモッサリして鮮明じゃなかったんで、
画質的にキレイな『晩秋の井の頭公園』の画像にしてみました。
以前、東京の三鷹に住んでいて、散歩で井の頭公園に行った時に、
何気なく撮った写真が綺麗だったのでトップページに使ってみました。
僕自身、カメラ小僧ではないので写真を撮る趣味は無いんだけど、
これからは散歩に出かける時はデジカメを持って出かけようと思う。

ま、初回の記事としてはこんな所かな?
せっかくブログを書くのだから、ツイートとは一味違う、
中身のある記事を書けたらなぁ~とは思ってるけど、
いつものようにチラシの裏みたいな記事を書くんだろうなぁ~(笑)