「予想屋」という発想が古いのかも?

まだイマイチ考えがまとまらないんだけど、頭の良い人には理解してもらえる前提で書き始めるね(笑)

正直、予想屋稼業に疑問なのよ。「何が疑問?」て、それは「なんで儲かる馬券を少額の情報料で不特定多数に売るのか?」ってことだよ。しかも間には仲介業者がいて、「決して安くない手数料まで取られて」だよ。普通に考えて、いやいや、普通に考えなくても、「儲け話を他人に教える商売なんて不自然」でしょ?多くの人に売ればオッズが下がるのは必然なんだし、買ったヤツが他の奴に“転売”して儲けるヤツも必ず出て来るよ。転売じゃなくても、その予想を使って予想大会を勝ち上がって、プロの座を取るヤツだって現れるかもしれない。儲かる馬券を不特定多数の他人に売る行為は、それだけリスクがあるんだ。

よく考えて欲しい。馬券で儲かる予想法を発明した時点で『勝ち組』なんだよ。あの馬券裁判で有名な『卍プロ』なんて回収率103%の予想法で1億5千万円も稼ぎ出したんだよ!なんで、そんな特権階級なのに素人に媚びた商売しなくちゃいけないのよ?素人に媚びて小銭を稼ぐくらいなら、同業者で「こいつは上手い」って思うヤツとアライアンスを組んでリアル馬券で儲けた方が賢いんじゃないかと考えたんだ。要は、勝ち組同士が手を組んで互いの弱点を補って馬券で儲ける。情報料という安定した収入と引き換えに不特定多数の赤の他人に儲け話を教えるより遥かにマシだと思うんだけど。

それにはしっかりとしたルール作りが不可欠だ。予想の買い目は教え合っても、互いの予想法については必要以上に触れない姿勢が大切だと思う。投資金額も予め決めておいた方がオッズの低下を防げるし、ペナルティーを設定しやすいと思う。「投資の際は数回に分けて分散投資にする」などの取り決めも必要かもしれない。当然、成績が悪かった場合のペナルティーも予め決めておかなければいけないだろう。「自分の予想に乗って儲けた分の50%をバックする」など、互いに納得できる落としどころを決めておかなければいけない。大事なことは「仲良しごっこ」をする訳ではないので、ビジネスパートナーとして取り決めを遵守して協力し合うパートナーシップを重んじる人と組むことが大切だろう。

「それって面倒臭くね?」って思うかもしれないが、不特定多数の赤の他人に一生懸命考えた予想を分け与えることを考えれば、ルール作りなんて大したことじゃないと思う。発想としてはアニメ『ルパン三世』と同じだと思って欲しい。例え天下の大泥棒でも、一人ではやれる事に限界があるからこそ、次元や五右衛門、時にはあの“裏切り不二子”と組むんだと思うんだ(笑)多数の他人やボッタクリの仲介業者を省いて、できるだけロスを抑えたビジネスモデルだと思うので、信用できる相棒を見つけることが大切だ。

となると、最後に書くのは『相棒の見つけ方』だ。過去に何度となく競馬日記やブログに書いたけど、「馬券は予想家の人間性(性格)を映し出す鏡」だと考えている。予想の買い目、馬券の選び方には、無意識に予想家の性格が出てしまう。だから一緒に組む相手は「予想とその予想成績を公開している人」に限られてくる。もっとストレートに言うなら、「netkeiba.comかウマニティで予想を公開している人に限る」ということだ。正直、他のサイトは胡散臭くて全く信用できない。ま、どのサイトを信用するかは各々自由に決めればいい事だが、できるだけ公正に情報を開示しているサイトで予想を公開していることが絶対条件だと思う。ただでさえインチキ悪徳業者が多い競馬予想業界なんだよ。ぶっちゃけ、95%以上のサイトが客を騙そうと待ち構えているような状況なんだから、できるだけ透明性の高いサイトで予想(成績も含めて)を公開していることは必須条件だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です