ネットでの出会いの危険性

新潟で起きた『ネトゲ交際殺人事件』からも分かるように、
ネット上での出会いって危険なケースが少なくない・・・ような?

ま、新潟の事件の場合、犯人の男は元ホストで、
殺された女の方は現役のホステスという、
言ってみれば“社会のゴミ”のような存在だったから、
殺人事件という最悪のケースになったんだろうと思うけど、
やっぱネットでの出会いには“それなりのリスク”が
潜んでいると考えておくのが無難だと思うんだよね。

でもさあ、ネットでの出会いには、普段の生活の中では
出会えない人たちとの出会いがあるのも事実だと思う。
特にネットの場合、年齢も性別も身分も隠せるので、
自分がどこの誰だか知られるリスクもない(少ない)から、
自分を包み隠さず相手と接することができるのがイイと思うんだ。
このブログにしたって、僕がどこの誰だか分からないからこそ、
自分の思っている本音を書けるので、こうして書いてる訳だし(笑)

逆に、相手がどこの誰だかサッパリ分からない事が
ネットでの出会いの最大のリスクでもあると思うんだ。
「何を目的に近付いてきたのか?」とか
「本当は何を考えているのか?」なんて、
ちょっと言葉を交わしただけでは分かる事じゃないからね。
特に、ネットで出会いを求めている人って、
“優しさ”みたいなものに飢えてる人たちが少なくないから、
ちょっと優しくされると、コロッと騙されちゃいそうな?

こんなこと言うのも何だけど、
何の得もしないのに他人に優しくするヤツなんていないんだよ。
優しくしてくれるヤツとか近付いてくるヤツには、
大抵、下心があると思って間違いないと思うんだ。
そもそもだよ、「なんで、そんな優しいヤツが暇を持て余して
ネトゲやらSNSで時間を潰しているのか?」って話だと思う。

ネットに逃げても、やっぱ現実社会の延長線上なんだと思う。
むしろ、リアルさが曖昧な分、危険なんだとも思うし。
説教臭くなるけど、リアルから逃げたところで
何が変わる訳じゃないので、リアルで何とかしなくちゃ、
人生なんて変わるもんじゃないんだと思うんだよね。

「監禁状態ではなかった」に感じる違和感

何だろう?
『小6誘拐事件』で保護された女子中学生の
「監禁状態ではなかった」という言葉に違和感と言うか、
疑問みたいなものを感じるんだけど・・・

別に、犯人を擁護する訳ではないんだけど、
この事件の裏には誘拐された女の子の家庭環境が関係してるのかも?
もちろん、家庭環境に関係なく、誘拐は犯罪だと思ってるし、
未成年をかくまうことが正義だとも主張する気もない。
ましてや、見つからずにズ~っと犯人の男と
同居していれば良かったとも思わないんだけど、
女の子たちが親元に戻されたことで本当に全てが解決したのか?
なんか、後味の悪い幕引きなったような気がしてるんだけど・・・

女の子が無事に保護されたことは素直に良かったと思うよ。
でも、「真相が知りたい」って言うのかな?
女の子たちの家出につながった原因と言うか、理由が知りたい。
と言うか、それを解決しないと本当の解決ではないような気もするし。
ま、それは家庭内の問題だから報道すべき内容じゃないと思うし、
他人が介入すべき事案でもないと思うから、現時点では、
とりあえず素直に女の子の無事だけを喜ぶことにするよ。

それにしても「生きる」って、いろいろ難しいよね(笑)

SNSに何を求めるか?

『小6誘拐事件』やら『座間大量殺人事件』とかで
SNSでの出会いに対し過剰に反応しているけど、
そもそもSNSでの出会いなんて出会いの形の一つであって、
生きていれば学校や職場でも出会いはある訳で、
そんなに過剰に反応する必要は無いような気がする。

とは言え、人と交流するのは何らかのリスクを伴うもの。
ま、『リスク』なんて大袈裟なものではないかもしれないけど、
人と交われば何らかの影響は受けるかもしれないから、
用心をしておくに越したことはないとは思う。

SNS利用者には大きく分けて2つのタイプがあるのかも?
1つは、ただ単に自分の意見を発信したり、
他人の意見とか情報を知りたいだけのタイプ。
特に深い交流を求めている訳でもなく、
軽く言葉を発したり、交わせれば満足できるタイプ。
ま、多くの利用者は、この手のタイプだと思う。
厄介なのは、もう1つのタイプ。
そう!『SNSに出会いを求めているタイプ』だ。
単なる社会的な軽い交流ではなく、
深く付き合える相手を探しているタイプだ。
多くのケース、これがヤバい奴だと思うのよね。

全てが当てはまる訳ではないと思うけど、
ネット上で出会いを求めているヤツは
大なり小なり違いはあれど、基本的に危険だと思う。
リアル(実社会)で出会いが無いっていう時点で
人間性や性格に何らかの問題を抱えている可能性が・・・。
まあ、趣味とか深く語れる人が身近にいない事も少なくないから
一概には言えないけど、単なる出会いを求めるヤツは危険だと思う。
かと言って、ネットでの出会いを全て否定するつもりはないんだけど。

むしろ、良い出会いをして幸せに暮らしている人も大勢いると思う。
事件になるのは極めてレアなケースであって、
多くの場合は問題が起こっていないと信じたいんだけど、
実際にSNSとか掲示板を利用してると、
信じられないほど些細な事でトラブルが発生しているんだよね(笑)
だから思うんだ。
形はどうであれ、人と接する事は何らかのリスクを伴っている」と。
特に、年頃のお子さんを持つ親御さんには気を付けて欲しいと思う。
過保護は良くないのかもしれないけど、
子供は世間知らずだから、守ってあげて欲しいと思うよ。

SNS自体はとても良いサービスだと思うから、
問題は「そこに集まってる人たちが何を求めているか?」だと思う。

自分を貫くか?曲げるか?

作業しながら、いつもアニソンを聴いている。
僕が好きなアニソンユニットはいっぱいあるんだけど、
その中にMYTH & ROIDというユニットがあって、
独特な曲調と日本語と英語の混ざった歌詞で、
とても個性的な世界観を作り上げているユニットなんだ。
特に気に入ってるのが女性ボーカル。
MYTH & ROID』の世界観は、その女性ボーカルが作り出している
と言っても過言ではないほどの存在感があるんだ。

MYTH & ROID』の ボーカルを担当しているのが、
2代目ボーカルの『KIHOWさん』なのね。
で、2代目って知った時に「変わったんだ?」って気付いて、
ちょっと調べてみたら、初期は『Mayuさん』が担当していて、
2017年11月6日に「卒業」という形で辞めていて、
2019年、今年の4月に前島麻由名義でソロデビューしたんだ。

「ソロでどんな曲を歌ってるんだろう?」と気になったので
YouTubeで聴いてみたら、すごく透明感のあるイイ感じの曲で、
英語の歌詞も上手に歌いこなしている感じなのね。
ここまではイイ感じなんだけど、1つ気になったんだ。
それは視聴回数。
デビュー曲の『YELLOW』ですら僅か5千ビュー程度。
他の曲なんて数百程度の視聴回数しかない。
それで思たんだ。「自分のやりたい音楽では売れないんだ」と。

歌も英語も上手。曲だって悪くない。でも売れない。
MYTH & ROID』でボーカルをやってた時は
数千万の視聴回数だったのに、ソロになった途端、コレ。
なんで『MYTH & ROID』を辞めたのかは知らないよ。
でも、その才能は『MYTH & ROID』というユニットだから
上手に活かされてただけで、ソロでは売れない現実。

結局、ボーカルも楽器の1つなんだと思う。
例え自分のやりたい音楽をやれたとしても、
結局、お客さんに聴いてもらえなければビジネスにならない。
これが「自分を貫いた結果」だとしたら、
不本意だとしても音楽プロデューサーに従って、
“アンドロイド”として楽器を演じていた方が良かったのかも?