「監禁状態ではなかった」に感じる違和感

何だろう?
『小6誘拐事件』で保護された女子中学生の
「監禁状態ではなかった」という言葉に違和感と言うか、
疑問みたいなものを感じるんだけど・・・

別に、犯人を擁護する訳ではないんだけど、
この事件の裏には誘拐された女の子の家庭環境が関係してるのかも?
もちろん、家庭環境に関係なく、誘拐は犯罪だと思ってるし、
未成年をかくまうことが正義だとも主張する気もない。
ましてや、見つからずにズ~っと犯人の男と
同居していれば良かったとも思わないんだけど、
女の子たちが親元に戻されたことで本当に全てが解決したのか?
なんか、後味の悪い幕引きなったような気がしてるんだけど・・・

女の子が無事に保護されたことは素直に良かったと思うよ。
でも、「真相が知りたい」って言うのかな?
女の子たちの家出につながった原因と言うか、理由が知りたい。
と言うか、それを解決しないと本当の解決ではないような気もするし。
ま、それは家庭内の問題だから報道すべき内容じゃないと思うし、
他人が介入すべき事案でもないと思うから、現時点では、
とりあえず素直に女の子の無事だけを喜ぶことにするよ。

それにしても「生きる」って、いろいろ難しいよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です