ネットでの出会いの危険性

新潟で起きた『ネトゲ交際殺人事件』からも分かるように、
ネット上での出会いって危険なケースが少なくない・・・ような?

ま、新潟の事件の場合、犯人の男は元ホストで、
殺された女の方は現役のホステスという、
言ってみれば“社会のゴミ”のような存在だったから、
殺人事件という最悪のケースになったんだろうと思うけど、
やっぱネットでの出会いには“それなりのリスク”が
潜んでいると考えておくのが無難だと思うんだよね。

でもさあ、ネットでの出会いには、普段の生活の中では
出会えない人たちとの出会いがあるのも事実だと思う。
特にネットの場合、年齢も性別も身分も隠せるので、
自分がどこの誰だか知られるリスクもない(少ない)から、
自分を包み隠さず相手と接することができるのがイイと思うんだ。
このブログにしたって、僕がどこの誰だか分からないからこそ、
自分の思っている本音を書けるので、こうして書いてる訳だし(笑)

逆に、相手がどこの誰だかサッパリ分からない事が
ネットでの出会いの最大のリスクでもあると思うんだ。
「何を目的に近付いてきたのか?」とか
「本当は何を考えているのか?」なんて、
ちょっと言葉を交わしただけでは分かる事じゃないからね。
特に、ネットで出会いを求めている人って、
“優しさ”みたいなものに飢えてる人たちが少なくないから、
ちょっと優しくされると、コロッと騙されちゃいそうな?

こんなこと言うのも何だけど、
何の得もしないのに他人に優しくするヤツなんていないんだよ。
優しくしてくれるヤツとか近付いてくるヤツには、
大抵、下心があると思って間違いないと思うんだ。
そもそもだよ、「なんで、そんな優しいヤツが暇を持て余して
ネトゲやらSNSで時間を潰しているのか?」って話だと思う。

ネットに逃げても、やっぱ現実社会の延長線上なんだと思う。
むしろ、リアルさが曖昧な分、危険なんだとも思うし。
説教臭くなるけど、リアルから逃げたところで
何が変わる訳じゃないので、リアルで何とかしなくちゃ、
人生なんて変わるもんじゃないんだと思うんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です