Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Links

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

競馬ブログとしての課題

ブログを再開して2週間ほどが経った。
日々更新していく中で、いくつかの課題も見えてきた。
1つ目は、予測人気や予測オッズの精度
2つ目は、更新頻度と記事の内容(ブログ更新の流れ)

 

今日は火曜日ということもあり、My注目馬リストに加える馬を
紹介しようと思っていたのだけど、なかなか絞るのが難しい。
一応、10頭程度には絞り込んだのだけど、
自分的にイマイチしっくりと来ていないので、
もっと吟味し、もう少し絞り込みたいと考えている。

 

さすがに週末72レースある中から
「近いうちに走りそう」と思える穴馬を選抜することは難しい。
当然だが、多くの人から注目されれば穴馬も人気馬へと変わる。
誰の目にも見て「走りそう」と感じられる馬ではダメなのだ。

 

「走りそう」と感じて注目してみても、すぐに好走する馬ばかりではない。
多くは凡走を繰り返すだけの駄馬であることも事実だ。
ただ、少しだけ見極めのコツみたいなものは感じつつある。
この辺はパドック解説と通ずるものがあるのかもしれない。

 

僕の予想の基本スタイルは『デジタル・ヲカルト』だ。
なので、PC(パソコン)を用いたデータ解析が基本となっている。
要するに、「正統派」と呼ばれるアナログ的な予想法とは異なる。
だが、この『My注目馬作戦』はアナログ的な要素が少なくない。
いわば、アナログとデジタルの融合したハイブリッド予想なので、
自分自身でもまだまだ分からないことも多く、上手く要領を得ないのが実情だ。

 

年明けには、もう少ししっかりとした競馬ブログにしたいと思っている。
だが年内は、こんな感じでダラダラと記事を綴っていくことも少なくないと思う。
今後このブログをどのような形で、どのくらい続けていけるか見当もつかない。
だが、続けていける限りは続けていきたいと思っているので、
読みに来て下さっている読者さんがいるなら、気長にお付き合い頂けると幸いです。
 

JUGEMテーマ:競馬


オススメ商品

ブログの再開に向けて

フゥ〜、ブログの更新なんて久しぶりだわ。
何から書けばイイのか分からないけど、またブログを書き始めようかと思う。

 

それにしても今年は色んなことがあった。

一番大きな出来事は僕自身の入院だ。
今年の2月に大病を患ってしまい救急車で病院に運ばれた。
幸い、命に別状なかったものの、体の右半分に後遺症が残ってしまい
以前のように自由には動けなくなってしまった。
それでも、こうしてブログを書くこともできるし、
普段の生活は殆ど支障なくこなすことができるまで回復した。

 

ただ、賃金を貰って仕事するまでは「どうか?」と言ったところだ。
元々、決して速くなかったタイピングの速度は
一段と遅くなってしまったし、入力ミスも多い。
日本語を話す時はあまり目立たないものの、
英語を話す時は上手く呂律が回らず、発音しにくい言葉がある。
これでは以前のように英語を使った仕事に戻るのは難しいだろう。
障害者手帳でもあれば障害者枠で採用される可能性があるのかもしれないが、
かなり回復してしまったので障害者手帳をもらうことはできなかった。
となれば、今後は健常者として仕事を探さなくてはいけないので前途多難だ。
そうは言っても何かで収入を得て生活しなくてはいけない。
そこで「競馬で生活費を稼げないか?」と考えてみた。

 

さすがに僕だって「それは無理だろう」とは思う。

でも僕には『アナゴさん』がある。
アナゴさんとは表計算ソフト『エクセル』で自作した競馬予想ソフト。
それを使ってnetkeiba.comの競馬予想大会俺プロに参戦している。
途中、入院のため4ヶ月ほど予想大会に集中できなかった時があるけど、
何とか9段まで上がり、“プロ予想家を目指して”頑張っている。
そんな僕の日々を、時間のある時に僕のペースで綴っていこうと思う。

 

こうして普段の生活に戻れたのは多くの人たちのサポートのお陰だと思っている。
僕を救急車で病院に運んでくださった救急隊員さんたち。
病院の先生たち、看護師さんたち、リハビリの訓練士さんたち、
足しげく病院に来てくれた両親、お見舞いに来てくれた弟や友人。
僕を支えてくれた全ての人たちに心からの感謝を申し上げたい。

 

この場を借りて『横浜市立脳卒中・神経脊椎センター』に感謝を申し上げます。

 

JUGEMテーマ:競馬



| 1/1PAGES |