Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

『自虐うつ』に思ふ

ま、ニュースと言うほどのモンじゃないんだけど、

昨日ニコニコニュースで目にした記事『自虐うつ』について

僕の思いを綴らせてもらいます。

 

この記事のコメント欄を見ると、多くの人が『過労』を疑っている・・・

と言うか、「原因は過労に違いない!」と決め付けている感じ。

「社会が悪い」だの「職場が悪い」だのと労働環境を疑っている。

確かに僕も「過労の可能性は十分にある」とは思うんだけど、

僕が率直に感じたのは「生活のONとOFFの差による疲労かな?」と。

上手く言い表せるか分からないんだけど、

『生活のONの状態』とは『仕事モードの状態』を表し、

『生活のOFFの状態』とは『自宅モードの状態』みたいな。

緊張感が高く、責任ある仕事であればあるほど、

“ONとOFFのギャップが大きい”だろうと想像している。

職場では“仕事のできる人”で通っているのであれば尚のこと、

OFFの時の虚しさは深くなるような気がするんだ。

 

仕事から帰って来て玄関に入ると、フト緊張の糸が切れたりする。

誰かが待っているでもない冷え切った部屋に戻ると、

“生きている虚しさ”みたいなものを感じる事があるのかもしれない。

つまり“過労とは逆”で、仕事してる時が輝いているからこそ、

家に帰ってOFFになった瞬間にその輝きを失ってしまい、

何もする気が無くなっちゃうんじゃないかと想像してるんだ。

ま、この辺は人それぞれの性格によるものが大きいと思うんだけど、

人によっては「風呂入るの面倒」とか「歯磨きするの面倒」と来て、

「部屋の掃除面倒」そして「ゴミ捨て面倒」となるんじゃないかな?

「イヤイヤ、普通そこまで酷くならねえよ」と思うかもしれないけど、

自虐うつに陥る人は「この手のタイプの人なのかな?」と想像する。

「死ぬまで、こんな日々を繰り返すのかな?」なんて考えると、

「自分の生活を大切にしよう」なんて気持ちにはならないと思うんだ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


オススメ商品

『座間9遺体事件』に思ふ

何だろう?この脱力感は。

特に、殺された人たちに同情している訳ではないんだけど、

何か心の奥に引っ掛かるものがあるんだよなぁ〜

だからこそ、こうして久しぶりにブログを更新している訳なんだけど。

 

この事件で僕が感じることは、

「世の中には心の寂しい女性がいっぱいいるんだなぁ〜」ということ。

犯人はツイッターで自殺願望のありそうな人たちに声を掛け、

自宅に呼び寄せてたらしいけど、「なんでノコノコ行ったのかなぁ〜?」と。

人生長く生きていると段々と分かってくることなんだけど、

「良い人は相手の方から近寄ってこない」んだよね。

声を掛けて近寄ってくるヤツは総じてクズか悪人と決まっているんだ。

下心が無い人は、むやみに他人に声を掛けたりしない。

そして、「良い人は優しいことばかり言わない」んだよね。

だから少しくらい優しいことを言われたからといって

簡単に他人を信用してはいけないんだと思うよ。

子供の頃に親や学校の先生から言われなかったのかな?

「知らない人に話し掛けられても付いて行っちゃダメよ!」って。

それがどうだろう?いい歳した女性たちが呼び寄せられて

ホイホイと男の家に上がってレイプされて殺されたらしいじゃん。

何ともお粗末と言うか、本当に哀れな死に様としか思えないんだ。

 

殺された人たちの周りには話を聞いてくれる人はいなかったのかな?

親には言い出せないようなプライベートな悩みでも

仲良しな兄弟(姉妹)や友人になら話せたりしないのかな?

バイト先や職場の人でも、ネットで知り合った人よりは

一緒の時間を過ごしている分、信用できると思うんだけど、

話を聞いてくれる人たちもいない寂しい人生を送っていたのかな?

ツイッターで愚痴や不満をつぶやくことを否定する気は無いよ。

でもさ、ツイッターって不特定多数の人が見てるんだよね。

今回の事件って、死ぬ気も無いのに他人の気を引こうと

「死にたい、死にたい」とつぶやいてた“かまってちゃん”が、

獲物を探していた殺人鬼に狩り殺された事件にしか思えなくて、

可哀想というより「哀れだなぁ〜」くらいにしか思えないんだよね。

「この人なら信じても大丈夫」だと最後に心を許した相手が

実は連続殺人鬼だったでござるなんて下手なホラー映画より恐過ぎるよ。

 

誤解を招きたくないので言っておくけど、悪いのは殺した犯人だと思う。

でもさぁ〜、「殺された人たちに何の落ち度も無かったのか?」と言えば、

ノコノコ殺されに行ったのも十分過ぎる落ち度だと僕は思うんだよなぁ〜

優しいだけの人を信じてしまうほど、人の心って弱いんだろうね。

 

JUGEMテーマ:日記・一般



アニメーターの低賃金に思ふ

いつものようにニコニコニュースにある記事が元ネタです。

『休みなしで働いても手取り6万8000円

アニメーターのリアルな実情を描いた漫画「アニメタ!」に反響』

という記事を読んで思ったことなんだけど、

「なんで1枚210円と言う単価で仕事を請負うのに

“1時間で1枚しか仕上げられない”前提なんだろうか?」と。

もうこの時点で時給換算210円の仕事をすることが確定するのに、

なんで請負っちゃうのか?僕には全く理解できない。

 

「そうしないとアニメーターになれないからに決まってんだろ!」

なんて声が聞こえてきそうだけど、仮にそうだとしたら、

「アニメーターを目指すこと自体が糞ゲーじゃね?」って話だよね。

一般的に、新人アニメーターの目標としては500枚/月くらいらしい。

仮に、1時間に2枚仕上げられたとして1日10時間働いても20枚。

月に25日働いて、やっと10万円を超えるような感じだよね?

これでも時給換算だと420円で週休1日だから、非常に過酷な環境だ。

※なお、契約は出来高制の請負いなので、最低賃金の定めは無いらしい。

そんな状況だというのに、今でもショートアニメを含めて

毎クール50作近いアニメが作られているんだから狂ってるよなぁ〜

ま、そんな作品の大半を観ている僕も狂ってるのかもしれないけどねw

 

アニメーターを目指すのって、ガチャに似ている気がする。

確かに『アニメ監督になれる』というレアカードが入ってるんだと思うけど、

その確率は公開されていなくて、多くの人が「我こそは!」と挑むの。

そして、お金の代わりに人生という貴重な時間を搾取されるところが。

それでも、なんだかんだで回ってるんだから凄い業界だよねw

 

結局、よっぽどズバ抜けた才能でもない限り、

生業として食べていくのは難しい世界なんだと思う。

現状のTVで放送してから円盤やグッズを販売して

資金を回収するシステムは限界を迎えていると思うから、

これに代わる新たなビジネスモデルが出来ないと、

この先も状況が大きく変わることは難しいだろうと思うよ。

 

とりあえず僕は、アニメ業界は一度完全に潰れた方がイイと思うので、

微力ながら円盤やグッズの不買運動とイベント不参加を続けていくよ!w

けど、アニメーターたちのツイートとか読んでると、

彼らが置かれている現状は自業自得と思える部分が多々あるんで、

やっぱアニメーターを応援するのは止めて、アニメを楽しむことにするわ!w

※2017/11/01修正

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



小野田紀美議員の発言に思ふ

いつものようにニコニコニュースで見掛けた記事なんだけど、

自民党所属の参議院議員、小野田紀美さんが以下のような発言をしたらしい、

「本気で2次元を愛している人は3次元なんかに手は出しません」と。

僕自身、エロ漫画やエロアニメが性犯罪の主因だとは思っていないけど、

読者や視聴者、特に性的な興味を持ち始める思春期の子供たちが、

何らかの影響を受けているのは否定できない事実だと思うんだ。

実際、僕だって学生の頃は少年誌に描かれたエロ漫画をおかずに

セッセと自家発電に興じたもんだけど、今の学生だって同じでしょ?w

だからと言って、3次の女の子に興味が無くなるなんてことは無かった。

3次は3次で好きだけど、手頃な漫画のエロシーンでオナヌーするみたいなw

それにも関わらず「3次元なんかに手を出しません」と断定してしまうのは、

いささか言い過ぎだと思っちゃうんだけど、これって僕の考え過ぎかな?

 

なら百歩譲って、本当に小野田議員の発言通りだとしよう。

漫画やアニメを本気で愛してる人たちは現実の人に心惹かれないのなら、

それって少子化の要因の一つなんじゃないのかな?ひょっとして主因?

2次元が原因で現実の異性を愛せなくなってしまう病気にかかるのだとしたら、

国を挙げて漫画やアニメそのものを禁じる必要があるんじゃないかな?

少なくとも小野田議員が発言した内容が誤りであると断定されるまでは、

異性への興味を失わせてしまう“2次元という危険因子の存在”は

全面的に禁じておく必要があるってことだよね?

だって2次元を愛したら、現実で恋愛も結婚もしなくなっちゃうんだから。

 

逆に、小野田議員の発言がご自身の思い込みから来た誤りだとしたら、

「ナゼ、こんな騒ぎを引き起こす必要があったのか?」という疑問が湧く。

ここからは、あくまで僕の『妄想』に過ぎないんだけど・・・

オリンピックを間近に控えて、安倍総理をはじめとして政府与党としては、

この機に、世界に向けて日本の健全性をアピールしたいと考えてると思うんだ。

その一つが、何かと物議を醸しだしてる『飲食店での全面禁煙』

あれってWHOか何かの基準や指針に準じてやろうとしてるんでしょ?

確か日本の2次も、国連か何か国際組織から圧力を掛けられてなかったっけ?

となれば、三度の飯より『優等生アピール』大好きな日本人のことだもん、

政府としては世界に向けて良い子ちゃんアピールしたくて仕方がないかもよ?

ひょっとすると、もうすでに表現規制は待った無しの状態なのかもしれない。

なら今のうちに、『私は規制に反対しましたアピール』をしておくことで、

規制強化が執行された後も「頭の緩い2次ヲタからの支持を失わずに済む」

という作戦なんじゃないかと勘ぐってみた。ちょっと勘ぐり過ぎかしら?w

 

一人の議員が抗っても、党という組織の中では個人の理想を叶えるのは難しい。

しかも若い女性議員がお爺ちゃまたちを相手に自分の意見を通せるのか?

最悪、離党してまでも自分の主張を押し通す覚悟があるのか?と言えば、

わざわざ自分の地位や権利を失ってまで変態紳士の味方なんかしないよね?

と言うのが今の僕の考えなんだけど、ちょっと長くなり過ぎたわw

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-第4話に思ふ

いきなり結論から言うと、今回のAKIBA'S TRIPは最高に楽しめた!

おそらく観た人の多くはイマイチ分からないような話だったかもしれないけど、

僕的には「懐かしいなぁ〜」と、思わず笑みがこぼれる回だった。

ただ、打電していたモールスに関しては僕には全く理解できなかったけどねw

 

んで、僕的に気になった点だけど、

まずは屋上の上のタワーの天辺に取り付けられたアンテナ群。

ローテーターの取り付け位置といい、アンテナといい、かなり適当だった。

ま、話し的にも特にこだわるような箇所ではないんだけど、

キュビカルクワッドやらデルタループを自作していた僕としては、

もう少しアンテナにも愛情を注いで欲しかったなとw

 

ただアキバの『富士無線』散策のシーンは凄く良かった。

店内の雰囲気もイイ感じに再現できてたと思うよ。

TRIOのTS-830やYAESUのFT-101Zとか懐かしい機種が描かれてたね。

ちなみに僕はKENWOODのTS-850とかICOMのIC-726をゼネカ・・・ゲホゲホ!!

いや、ド・ノーマルで健全に使っていたような、いなかったような?w

 

ブラジルと交信するシーンでは7MHzを使ってたけど、

屋上のタワーの上の短縮型のロータリーダイポールは7MHz対応だったとはw

しかも、ブラジルと交信できるとはロータリーダイポール侮れないなぁ〜

その交信相手の柳生田博士の名前って八木博士と宇田博士のパクリかしら?w

ちなみに僕も7MHzはロータリーダイポールを使ってたんだけど、

エレメント長が20mあるフルサイズを使ってたので家の敷地からはみ出してた。

 

久しぶりにアマチュア無線を観て、僕のハム魂にも火が付いた!

押入れの奥にしまってあるALINCOのHF/50MHz機を引っ張り出して

BCLでもやろうかな?と思ったんだけど、外部電源が無いし、

そもそもワイヤーアンテナ張るようなベランダも無かったわw

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



| 1/1PAGES |