Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

浅川悠さんの苦言に思ふ

「えっ、今ごろになって、この記事取り上げるの?」って感じだけど

昨夜、ニコニコの浅川悠さんの苦言のニュースのコメント欄で

僕宛てのコメントを頂いたので、ここに僕の思いを記しておくことに。

 

上記リンク先のニコニコニュースに目を通してもらえば、

どんな内容の記事なのか分かると思うんだけど、

浅川さんが昨今の『声優のアイドル化』にご不満みたいなんだ。

作品での起用に際して、人気や容姿ばかりが優先されて、

肝心のお芝居の演技力が軽視されがちだと嘆いている。

でも僕は思うんだよね。「お客さんは何を求めているのか?」と。

 

制作サイドだって遊びでアニメを作っている訳じゃないんだから、

『円盤やグッズが売れてナンボの商売』をしてるんだと思う。

だから、例えどんなに素晴らしい演技を披露したとしても、

肝心の売上を伴わなければ、全く意味が無いんだと思うんだよね。

そもそも『演技力』って、何をもって誰が評価するの?

当然、制作に際して全ての声優さんたちの演技は、

スタッフさんたちが入念にチェックしてるんでしょ?

それがテレビやネットでファンの元へ放映されている訳だから、

最終的に声優さんの演技を含め、作品の出来を判断してるのは、

他でもない、お金を落とすファンってことじゃないのかな?

なので、そのお客さんが声優さんの演技力より、

容姿や歌唱力、トーク、親しみやすさ等を求めるのであれば、

提供する側は、その要求に応えようとするのは当然じゃないかな?

それにさぁ〜、言っちゃ悪いとは思うけどさぁ〜、

そんな凄い演技力を要求されるような壮大な作品なんて少ないじゃんw

作品を観て違和感が無ければ、ベテランでも新人でも構わないんだよ。

結局、演じる側が「演技力がどう」とかご託を並べてもダメなんだよ。

好きなものでなく、売れるものを作らないと生き残れないんだよ。

 

僕は、昔の声優さんより今の声優さんの方が上手だと思っている。

だから演技力の低さなんて最近は気になったことないよw

こうしている今も声優を目指して努力している声優の卵たちに、

少しでも多くのチャンスを与えるためにも、

現状の『使い捨て』も仕方がないと思ってるんだ。

それでも残れる人は必ず残るんだと信じているよ。

捨てたくても捨てられない逸材は必ず存在するし、

そういう才能に恵まれた人は今後も生まれてくると思ってるし。

 

今から将来のことを心配しても、あまり意味が無いと思う。

目の前にあることを一つ一つこなしていく先に、

明るい未来があると信じて頑張って欲しいと願っているよ!

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック