カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

指数について考える

競馬の予想を大きく分けると、頭で考えるアナログ予想と

PCを使うデジタル予想の二つに分けられると思う。

アナログ予想は、過去のレースのVTRなどを観たり、

成績や脚質をベースに当日のレースの展開などを予想して狙う馬を決める、

昔から一般的に広く用いられている「正統派」と呼ばれる予想法。

それに対しデジタル予想は、予想に必要な様々なファクターを数値化し、

PCソフトなどを用いて解析する近代的な予想法。

僕は「できる限り人の思考を混ぜない方が良い」と考えてるのでデジタル派だ。

と言ってもサイン予想などのオカルト予想も好きなので、

アナログな部分も捨てきれていないんだけどね(笑)

そのデジタル予想の中でポピュラーな予想法の一つが『指数』を使った予想法。

レーティングやインデックスなど言葉こそ違うけど指数系だと考えている。

僕のように独自に理論立ててオリジナル指数を算出する人もいれば、

市販のPCソフトなどを用いて算出する人もいるし、

競馬情報サイトなどの有料サービスを利用している人もいる。
ただ「指数」といっても、馬の能力を数値化した『スピード指数』もあれば、

専門紙やスポーツ紙の予想の印を数値化した『人気指数』のようなものもある。

有名なところでは『コンピ指数』が代表的な人気指数のなんじゃないのかな?

独自の人気指数『なんちゃってコンピ指数?』みたいな指数を

無料で提供しているサイトがあるけど、“丸パクリ”ではないので、

完全にコンピ指数の代わりになる訳じゃないんだけどね。

ただ指数の問題点って、単純に数値の高い馬を狙っても勝てないことだよね(笑)

強い馬を選び出すために指数化したのに、指数の高い馬を狙って勝てないなんて、

「いったい何のために指数化したのか?」分からなくなっちゃってるような?

僕は「指数の高い馬=儲けさせてくれる馬」であるべきと考えているので、

ツムギ指数の1位と2位を単純に組合せて馬連1点で勝負しているんだ。

指数算出の“係数”こそ人気馬狙いと穴馬狙いでは変更しているけど、

指数1位と2位を単純に組み合わせて買い目にするのは同じなんだ。

 

それに、本当に儲かる指数なら絶対に他人に教えたりしないよね(笑)

だから僕は既存の指数は使わず、独自の『ツムギ指数』を使っているんだ。

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック