Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

アニメーターの低賃金に思ふ

いつものようにニコニコニュースにある記事が元ネタです。

『休みなしで働いても手取り6万8000円

アニメーターのリアルな実情を描いた漫画「アニメタ!」に反響』

という記事を読んで思ったことなんだけど、

「なんで1枚210円と言う単価で仕事を請負うのに

“1時間で1枚しか仕上げられない”前提なんだろうか?」と。

もうこの時点で時給換算210円の仕事をすることが確定するのに、

なんで請負っちゃうのか?僕には全く理解できない。

 

「そうしないとアニメーターになれないからに決まってんだろ!」

なんて声が聞こえてきそうだけど、仮にそうだとしたら、

「アニメーターを目指すこと自体が糞ゲーじゃね?」って話だよね。

一般的に、新人アニメーターの目標としては500枚/月くらいらしい。

仮に、1時間に2枚仕上げられたとして1日10時間働いても20枚。

月に25日働いて、やっと10万円を超えるような感じだよね?

これでも時給換算だと420円で週休1日だから、非常に過酷な環境だ。

※なお、契約は出来高制の請負いなので、最低賃金の定めは無いらしい。

そんな状況だというのに、今でもショートアニメを含めて

毎クール50作近いアニメが作られているんだから狂ってるよなぁ〜

ま、そんな作品の大半を観ている僕も狂ってるのかもしれないけどねw

 

アニメーターを目指すのって、ガチャに似ている気がする。

確かに『アニメ監督になれる』というレアカードが入ってるんだと思うけど、

その確率は公開されていなくて、多くの人が「我こそは!」と挑むの。

そして、お金の代わりに人生という貴重な時間を搾取されるところが。

それでも、なんだかんだで回ってるんだから凄い業界だよねw

 

結局、よっぽどズバ抜けた才能でもない限り、

生業として食べていくのは難しい世界なんだと思う。

現状のTVで放送してから円盤やグッズを販売して

資金を回収するシステムは限界を迎えていると思うから、

これに代わる新たなビジネスモデルが出来ないと、

この先も状況が大きく変わることは難しいだろうと思うよ。

 

とりあえず僕は、アニメ業界は一度完全に潰れた方がイイと思うので、

微力ながら円盤やグッズの不買運動とイベント不参加を続けていくよ!w

けど、アニメーターたちのツイートとか読んでると、

彼らが置かれている現状は自業自得と思える部分が多々あるんで、

やっぱアニメーターを応援するのは止めて、アニメを楽しむことにするわ!w

※2017/11/01修正

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック