Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

『自虐うつ』に思ふ

ま、ニュースと言うほどのモンじゃないんだけど、

昨日ニコニコニュースで目にした記事『自虐うつ』について

僕の思いを綴らせてもらいます。

 

この記事のコメント欄を見ると、多くの人が『過労』を疑っている・・・

と言うか、「原因は過労に違いない!」と決め付けている感じ。

「社会が悪い」だの「職場が悪い」だのと労働環境を疑っている。

確かに僕も「過労の可能性は十分にある」とは思うんだけど、

僕が率直に感じたのは「生活のONとOFFの差による疲労かな?」と。

上手く言い表せるか分からないんだけど、

『生活のONの状態』とは『仕事モードの状態』を表し、

『生活のOFFの状態』とは『自宅モードの状態』みたいな。

緊張感が高く、責任ある仕事であればあるほど、

“ONとOFFのギャップが大きい”だろうと想像している。

職場では“仕事のできる人”で通っているのであれば尚のこと、

OFFの時の虚しさは深くなるような気がするんだ。

 

仕事から帰って来て玄関に入ると、フト緊張の糸が切れたりする。

誰かが待っているでもない冷え切った部屋に戻ると、

“生きている虚しさ”みたいなものを感じる事があるのかもしれない。

つまり“過労とは逆”で、仕事してる時が輝いているからこそ、

家に帰ってOFFになった瞬間にその輝きを失ってしまい、

何もする気が無くなっちゃうんじゃないかと想像してるんだ。

ま、この辺は人それぞれの性格によるものが大きいと思うんだけど、

人によっては「風呂入るの面倒」とか「歯磨きするの面倒」と来て、

「部屋の掃除面倒」そして「ゴミ捨て面倒」となるんじゃないかな?

「イヤイヤ、普通そこまで酷くならねえよ」と思うかもしれないけど、

自虐うつに陥る人は「この手のタイプの人なのかな?」と想像する。

「死ぬまで、こんな日々を繰り返すのかな?」なんて考えると、

「自分の生活を大切にしよう」なんて気持ちにはならないと思うんだ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


オヌヌメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック