Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

退院後、初の転倒

今日は、久しぶりに競馬以外のことを書くね。
って言うか、元々このブログは雑談ばかりの徒然日記ブログだったんだけどね(笑)

 

10日ほど前になるんだけど、日課のウォーキングしていた時に道端の排水口の
少し沈み込んだ蓋の“僅か数cm程度の段差”に躓いて思いっ切り転んでしまった。

 

 沈みこんだ排水口の蓋      通常の排水口の蓋

      

※排水口の蓋の写真は4月15日に撮影し、記事に掲載しました。

 

幸い大きなケガを負わなくて済んだものの、右手の指4ヶ所と両ヒザを少し擦りむいた。
ケガ自体は大したことなかったものの、転んだショックは結構大きかった。
18時半ごろだったんで、暗くて段差が見えにくかったこともあったんだけど
健常者であれば「おっとっと!」と少しヨロける程度で済んだであろう僅かな段差で
僕は何もなす術もなくアッサリと転んでしまったことがショックだった。
それまで自分の中では、「ジャンプしたり、走ったりすることは出来ないものの、
歩くだけなら好きなだけ歩くことが出来る」自信みたいなものがみなぎっていた。
でも、そんな自信がたった1回の転倒でいとも簡単に崩壊してしまった。
「リハビリでだいぶ良くなったとは言え、やっぱり僕は障害者なんだ」
分かっていたハズのことなのに、改めて突き付けられる否定することのできない現実。
「もう2度と健常者に戻ることは出来ない」という現実は分かっていても、とても切ない。

 

それと、障害者になって初めて気付いた事がある。
それは、「この社会は障害者には優しく作られていない」こと。
歩道一つとっても凸凹があったり、舗装が粗かったり、傾斜が凄くきつかったり。

歩道の多くは車道に対して傾斜しているので、これが想像以上に厄介なんだよ。
健常者の頃は全く気にならなかったことが、今は非常に気になる。
と言うか、そこを気にしないと安全に歩くことが出来ないんだよね。
「ここは○○だから気を付けて慎重に歩こう」と意識しないと簡単に躓いてしまう。
歩行者信号の点滅時間にしても障害者には短過ぎると思う。
横断歩道を渡っている途中で歩行者信号が点滅しても
走ることも早歩きすることもできないので、どうすることもできない。
「速く歩こう」と意識すると、途端に脚の筋肉が硬直してしまい、
逆に、思うように歩くことが出来なくなることもあるんだ。

 

健常者の頃は「健常者様が働いて納税してるんだから、
障害者の糞虫どもがデカいツラすんなよ!」とか平気で思っていたけど、
実際にこうして障害者になって思い知らされた“障害者には優しくない現実”
ま、自業自得で因果応報。ホント、罰が当たってイイ気味だよね。
つくづく思い知らされたわ。「人間とは身勝手な生き物」だと(笑)

 

JUGEMテーマ:日記・一般


オススメ商品

コメント
それはそれは、大変ご苦労様です(笑)
全然構いませんので、好きにしてください。
  • エルモ コヲタ
  • 2019/04/17 4:40 PM
ニコニコニュースで見かけたあなたの迷惑コメント・誹謗中傷コメについて、通報しておきました。
今後も同様の行為が見られるのであれば、ブログごと運営に通報し、しかるべき措置を講じさせていただきますので、ご覚悟のほどを。
  • 無銘
  • 2019/04/17 4:31 PM
そうですね。
おっしゃるように笑いながら生きた方が
人生が楽しくなるのかもしれませんね。
ご助言、ありがとうございました。
  • エルモ コヲタ
  • 2019/04/08 6:23 AM
転倒していたのは自分の不注意でもあるでしょう。良くない考え方をやめた方がいいです。生きてる間に毎日笑いながら過ごした方がいいでしょう。
いいことを思って、人生面も白くなってかもしれないよ~
  • 2019/04/07 7:33 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック