カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

レースの波乱度は予測可能か?

おそらく、すでに多くの人が同じ事を考えたと思うんだけど、

「事前にレースの波乱度が分かれば予想しやすくなるだろう」と。

だけど、そんなことは競馬の予想同様、容易いことではないと思う。

仮に、「このレースの馬連は50倍〜80倍で決まる」と予測できたとする。

でもそれが、単勝1番人気と下位人気の組合せで決まるのか?

それとも単勝5番人気辺りの中位人気同士で決まるのか分からないから、

結局、おおまかな波乱度が予測できても、簡単に勝てる訳ではないと思う。

「波乱度が高い(荒れそうだ)から」と安易に1番人気を切り捨てると、

1番人気と下位人気で決着するようなレースは当然取れなくなってしまう。

でも逆に、「このレースは堅い(荒れない)」と予測できれば、

やみくもに穴馬を狙わなくて済む分、有効なのかもしれない。

でもどうすれば「堅いレース」だと見分けることが出来るのだろうか?

 

この辺りは、予想スタイルによって違ってくるのかもしれない。

デジタル予想の王道、指数派なら指数の乖離や分布など

明確な能力差の有無とかで波乱度を推測するのかもしれないし、

オッズ派なら断層の大きさや偏りなどで推測できるのかもしれない。

アナログ予想の脚質派や展開派なら同型馬の有無や数、枠順とか、

天候や馬場の荒れ具合、乗り手なんかで判断する人もいるのかもしれない。

いずれにしてもレースの波乱度の予測は並大抵のことではないだろう。

自分が賭けた馬が予想とは全く違う動きをすることなんて珍しくないので、

馬券を当てるのと同じくらい、波乱度を予想するのは難しいと思うんだ。

ま、絶対に負けないと思った馬がアッサリ負けちゃうのが競馬だからね(笑)


誰かが言ったように『予想に王道なし』と言うのが正解なのかもしれない。

「こうすれば勝てる」なんて予想法があるのなら、誰も苦労しないだろう。

僕は「(予想で)他人と同じことしていても勝てない」と考えている。

過去に考えられた予想法は、すでに試し尽くされていると思ってるんだ。

その中に、もし本当に結果が良かった予想法があったとしたら、

その予想法は世の中に知られることなく、「密かに使われている」と思う。

だから、表立って使われている予想法は失敗作、もしくは出来損ないで、

そんな予想法に縋っていても、勝ち組側に回ることはできないと思うんだ。

ま、要するに、アニメで言うとこの『ユニークスキル』が必要なのかと(笑)

 

さ〜て、今日は1日中ズ〜っと雨が降るみたいなので出掛けられないし、

明日は明日で色々と忙しくなりそうだから、今日中に本命狙いII型を作って、

本命狙いI型との比較検証を終わらせないといけないなぁ〜

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック