Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Recent entries

Recent comments

Monthly archives

My profile &
About this blog

Search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

『PUBG禁止』に思ふ

青少年に悪影響を与えるとして、バトルロイヤル系シューターのゲーム
『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』 のプレイが
ネパールで禁止されたらしい。元ネタのニュースはこちら

 

ま、当然のように、ゲーム依存症たちが顔を真っ赤にしながら涙目で

「ゲームは悪くない!」って叫んでいる訳だけど、

ゲームに影響を受ける人が一定数いるのは事実なんだから、

現実から目を逸らさず、ゲームが与える影響力を考えるべきだと思う。

 

とは言え、別にこれはゲームに限った話ではないと思うんだ。

アニメでも漫画でも、視聴者や読者に影響を与えない物は無いと思うんだ。

観ることや読むことで感銘を受けるのも影響の1つの形だと思うし、

犯罪に走ったりするのもまた、影響の1つの形だと思うんだ。

僕は「良い影響しか与えない物など、この世に存在しない」と思っている。

影響は、良い方にも悪い方にも何らかの作用を及ぼすと思うので、

どちらか一方の影響だけ肯定して、もう一方を否定しても始まらないと思う。

 

基本的に、僕は規制反対派だ。

昨日の日記に書いたような動画配信の放送事故などに関しても、

一定数のバカが発生することは仕方ないので、法的な規制などは設けず、

当事者たちが自主的に何らかの自粛を行うのが理想的だと思っている。

でも現実は、何らかの規制を設けないと歯止めが利かないのよね(笑)

バカがバカを呼び、バカばかり増長して、挙句の果てに社会問題化する現実。

今やお馴染みのバカッターのバイトテロなんか、正にその典型だと思う。

バカが自分自身で自分のバカさに気が付いてバカを止めることは無い。

何らかの形で「自分の行為がバカである」と気付かされて、初めて改める。

結局、仕方ないんだと思う。最終的には法で規制される流れになるのは。

 

ゲームにしても、アニメにしても、漫画にしても、

犯罪抑止に貢献してる側面もあれば、犯罪を助長してる側面もあると思う。

もちろん、実写ドラマや映画だって同じような影響を及ぼしていると思うので、

「ゲームやアニメ・漫画ばかり叩くのはおかしい!」っていう意見は分かる。

でもさあ〜、「それに興じる年齢層が明らかに違う」と思うんだよね。

だからこその年齢制限。『R18』は満更デタラメじゃないよ。

別に、若い子たちは今日明日死ぬ訳じゃないんだから、

子供のうちはやらない方がイイことはたくさんあるんだよ。

たぶん、この『PUBG禁止』も、その一つなんだと思う。

今は全面禁止なのかもしれないけど、そのうち年齢による規制に変わるかも?

ま、年齢だけ18になっても脳ミソがガキのままって大人もいっぱいいるけど、

何かで規制するとなると、やっぱ『年齢』が一番妥当なのかもしれないね。

ま、この『PUBG禁止』は日本ではなく、ネパールの話だけど、

そのうち全世界的に知能テストをしてライセンス制になったりしてね(笑)

 

JUGEMテーマ:ゲーム

JUGEMテーマ:日記・一般


オススメ商品

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック