カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

予想における着眼点

最近の予想の流行り言葉は『AI』?それとも『ハイブリッド』?

自己学習機能で自動的にドンドンと賢くなっていく予想法。

デジタルとアナログの融合で、どちらのメリットも活かす予想法。

馬券本作家さんや競馬商材師さんたちが「あの手この手」と考え出す予想法。

心優しい僕が教えてあげましょう!

そんな都合のいい予想法など「ありません」と(笑)

だから不器用でも検証してデータを積み上げていくしかないんだと。

でも、そのデータをAIやソフトに処理させれば効率いいのかも?

 

要は予想の『着眼点』が重要なのかと。

競馬予想には様々な予想ファクターが存在していて、

予想家によって着眼点が異なっている。

・馬体重や毛ヅヤ、歩様や筋肉のハリなどの注目する人。

・脚質や展開、距離や馬場などに注目する人。

・オッズや指数など数値に注目する人。

・出目やサインなどオカルト的な事柄に注目する人などなど、

予想家によって注目する予想の着眼点は異なっている現実。

どの予想ファクターをAIやソフトで解析するかによって、

得られるデータも予想する買い目も異なってくるので、

頭ごなしにAIやハイブリッドを否定するのは間違っているのかも?

 

『データ』と一言にいっても、予想家によって集めているものが違う。

どんなデータを、どのように解析しているのか分からないと、

そのAI予想にしても、ハイブリッド予想にしても、

海の物とも山の物とも分からないのかもしれない。

「当然、一般的な正統派のデータを解析してるんだろう」とか、

「いやいや、オッズや指数などの数値に決まっている」とか、

「何をおっしゃる、常識的にオカルト要素でしょ」とか(笑)

それぞれがそれぞれに勝手に想像しても、真実は分からないし。

 

予想って料理みたいなもので、材料も違えば調理の仕方も違う。

と言うか、孤独な一人旅みたいなものなのかもしれない。

目指しているところこそ『的中馬券』や『プラス収支』と同じでも、

そこまでの道のりは人それぞれ違っているから、

結果的に予想成績でしか正当性が証明できないのよね。

実は最初の一歩目で、すでに辿り着くところが丸っきり違っていたりして(爆)

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック