カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

必勝本や予想商材にとって大切な事

馬券が当たらず、予想の研究をしてて行き詰まった時、

「藁(わら)を掴む」思いで頼るのが“必勝本”や“予想商材”の類。

誰でも一度や二度は手を伸ばしたことがあるんじゃないかな?

手を変え品を変え、昔から無くならないんだよね。この手の商売は(笑)

 

そんな必勝本や予想商材にとって大切な事は

「勝てる」という真の実力ではなく、「勝てそう」と夢を膨らませる期待感。

本の印税を期待している馬券本作家にとっても、

予想商材の売上を期待してる商売人にとっても、

「実際に勝てるか?」なんてどうだっていい話なんだよね(笑)

それより、「どうしたら商品を買ってもらえるか」が大事な訳で

あの手この手で、“さも勝てそうに”見せることに尽力する。

 

「そんなこと今さら改めて言ってもらわなくても分かってる」

なんて言われちゃうかもしれないけど、

藁をも掴む状況まで追い込まれちゃうと、

無駄だと思うことにも縋り付こうとするのが人間の性なのよね(笑)

かく言う僕だってコンピ指数という予想商材に縋り付いている現実。

「どうせダメだろ」と思っても、試してみたくなるんだよね。

 

予想の発想、着眼点、方向性を見つけるためのツール

 

そう割り切って必勝本や予想商材を利用してる人は少なくないと思う。

当たり前だけど、本当に儲かる話なら誰も他人なんか教えない。

でも儲からないから、他人に売って小銭を稼いで飯のタネにする。

だから利用している人は、考案した人が考えもしなかった

独自の利用法・活用法を考え出す必要があるのかもしれない。

 

回収率100%を超えれば利益を出せるから、

あとは賭ける金額と資金回転率の勝負。

だからこそ回収率100%超える予想法なんて

そうそう簡単に手に入る訳ないのよね(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック