カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

【アナゴさん】魚探画像の縦軸について

昨日に引き続き、今日もアナゴさんについて解説します。

 

 【6月29日福島3R 基本水深】

レース結果:1→6→14

 

上記は12番人気の6番が2着になった6月29日の福島3Rだけど、

この基本水深よりホンのちょっと深いところの画像が下の図だ。

 

 

基本水深でこの画像だったら6番1頭軸でいけたのにね。

まあ〜、それは結果が分かってる今だからこそ言えることだけどね(笑)

 

アナゴさんの魚探画像の縦軸の数字の並び。

当然、お分かりだと思うけど、上から人気順に並んでいる。

で、「何の人気順か?」と言うと、実は色々と変更できるようになっている。

単勝は当然のこと、複勝、単複比、馬連、ワイド、三連複、

馬単1着付け、馬単1着付けと2着付けの合成、馬単1着付け2着付け比、

人気指数などなど、他にも縦軸を変える指標があるんだ(笑)

これらの様々な指標を縦軸に使って、統計的に良いものを

フィルターとして採用しているのが最新型のアナゴさんなんだ。

でも指標が多ければ良いってもんじゃないので、初心に帰って、

初号機プラスαの状態が今のアナゴさんです。

 

基本水深(デフォルト水深)も統計的にベストな水深にしているんだけど、

どうしてもレース毎にズレが生じちゃうんで、「何とかならないか?」と

レンジスコープを追加して、水面から基本水深の20%下まで、

全体で120%の深さを一目で見られるようにしているんだ。

でも詳細には一覧表示できないので、見たい水深を手入力すれば、

上記のように魚探画像として見ることができるようになっているんだ(笑)

 

これがアナゴさんな訳だけど、魚釣りをしない人だとイメージしにくいかも?

レンジスコープにしても無線の受信機のバンドスコープを知らないと

なかなかイメージが浮かばないかもしれないなぁ〜

※参考までGoogle先生でのバンドスコープの画像検索結果

レンジスコープはバンドスコープを縦にしたようなイメージで作ったんだけど、

エクセルのセルで作っているからモニターの画像のようにはなってません(笑)

そんなハイテク、僕のようなおバカさんには逆立ちしても作れません!(キリッ)

 

てな訳で、レンジスコープで縦に探って、魚探画像で横に輪切りにする感じ。

イメージとしては立体的に捉えるような感じなんだけど

言葉だけだと何が何だかサッパリ分からないよね(笑)

ごめんなさい。説明が上手くなくて。

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック