カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

当ブログについて

ブログ内検索

その他

モバイル

qrcode

Powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM

プロ予想家の「プロ」の定義とは?

僕自身、プロ予想家を目指している身なので、

あんまり自分のハードルを高くするのは賢明とは言えないんだけど、

当たらない予想を垂れ流しているプロ予想家を見かけると我慢できないんだ。

でもまあ神ではないので、例えプロといえども好不調の波はあると思う。

でもプロなら、その波を最小限に留める“努力をする”のは当然の責務だと思う。

 

つい先日、ウマニティ『おかべプロ』ブログの最新記事

『2019上半期 経過とこっから』を拝見させていただきました。

そのブログ内で「目標」と「課題」を公開して取り組んでる様子が伺えました。

こういう真摯な姿勢ってプロ予想家をやっていく上で凄く大切だと思うんだ。

お金を頂戴してる以上、「常に良い予想を提供したい」と思うのがプロの心構え。

予想家に限らず、スポーツ選手だって常に上を目指して弛まぬ努力を重ねている。

ご本人もおっしゃっているけど、「改善」というのは思い通りにいかないもの。

僕も3年以上アナゴさんの改良に取り組んできたんだけど、

全く上手くいかず、競馬を止める寸前まで行っちゃったし。

幸いツムギちゃんに出会ったおかげで、こうして予想研究を継続しているけど、

競馬の予想法の改良、予想成績の改善は一筋縄ではいかないんだ。

 

とは言え、プロ予想家であれば悪いにも「限度」があると思うんだ。

おかべプロの話ではないけれど、当たらない予想を垂れ流しているプロがいる。

もし、目に余るほど不甲斐ない成績が何ヶ月も続き、改善できないのであれば、

強制的に降ろされる前に、自ら潔く身を引くという選択肢もあるような気がするんだ。

 

予想家の名前はその方の名誉のために敢えて書かないけど、プロを降ろされた時に

「本当はプロ予想家をやるなんて疑問だった」などとコメントした方がいたんだ。

正直言って「今さら?」とか「疑問だったのなら最初からやるなよ」と思ったよ。

まあ、この辺は当事者であるプロ予想家の性格や人間性にもよるんだろうけど、

お金を払って予想を買ってくださったお客さんの気持ちを少しは考えるべきかと。

『捨て台詞』とか『負け惜しみ』『強がり』は、正直みっともないと思うんだ。

 

この方も敢えて名前は書かないけど、「馬券で年間数千万円を稼ぐ」と謳いながら、

現在マイナス200万円で推移している『馬券利殖家』がいらっしゃるのですが、

すでに昨年の馬券収入の申告を済ませて、納税証明書は公開したのでしょうか?

他でもない、“ご本人が宣言したこと”なので、公約は守った方がよろしいかと。

netkeiba.com同様、ウマニティもけっして悪質な競馬サイトではありません(キリッ

しかし、商売とは言え、デマカセやハッタリを謳い文句にするのは戴けないよね。

悪徳や詐欺ではないと言っても、真実でもないのなら、それはやっぱダメでしょ?

競馬サイトは怪しいサイトばかりなんだけど、真っ当な競馬サイトでさえこれじゃ、

競馬業界全体の品位なんて「たかが知れている」と思われても仕方ないよね〜(呆)

ハッタリでも「言った者勝ち」なのが、競馬業界の真の姿なのかもしれない。

 

結局、「何をもってプロ予想家なのか?」ハッキリしないんだよね。

「素人にも劣る成績を出し続けてて、何がプロなんだよ?」って話だし。

「プロ、プロ」言う前に、プロの定義を明確にしないといけないのかもしれないね。

ただ一言付け加えると、テレビやラジオに出演する解説者さんや評論家さんは

“迷える子羊をいざなう導き手”として非常に重要な役割を担っていると思う。

昨日のバイブル・・・モゴモゴモゴモゴ(笑)

 

最後に、僕にとってのプロの定義とは「回収率100%以上の成績を収める」こと。

その点において、サラマッポプロおかべプロ豚ミンCプロは称賛に値する

素晴らしいプロ予想家さんだと思う。やっぱり勝ててこその「プロ」だよね。

僕もこのお三方のような信頼される“勝てるプロ予想家”を目指して頑張るよ!(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック