自分を貫くか?曲げるか?

作業しながら、いつもアニソンを聴いている。
僕が好きなアニソンユニットはいっぱいあるんだけど、
その中にMYTH & ROIDというユニットがあって、
独特な曲調と日本語と英語の混ざった歌詞で、
とても個性的な世界観を作り上げているユニットなんだ。
特に気に入ってるのが女性ボーカル。
MYTH & ROID』の世界観は、その女性ボーカルが作り出している
と言っても過言ではないほどの存在感があるんだ。

MYTH & ROID』の ボーカルを担当しているのが、
2代目ボーカルの『KIHOWさん』なのね。
で、2代目って知った時に「変わったんだ?」って気付いて、
ちょっと調べてみたら、初期は『Mayuさん』が担当していて、
2017年11月6日に「卒業」という形で辞めていて、
2019年、今年の4月に前島麻由名義でソロデビューしたんだ。

「ソロでどんな曲を歌ってるんだろう?」と気になったので
YouTubeで聴いてみたら、すごく透明感のあるイイ感じの曲で、
英語の歌詞も上手に歌いこなしている感じなのね。
ここまではイイ感じなんだけど、1つ気になったんだ。
それは視聴回数。
デビュー曲の『YELLOW』ですら僅か5千ビュー程度。
他の曲なんて数百程度の視聴回数しかない。
それで思たんだ。「自分のやりたい音楽では売れないんだ」と。

歌も英語も上手。曲だって悪くない。でも売れない。
MYTH & ROID』でボーカルをやってた時は
数千万の視聴回数だったのに、ソロになった途端、コレ。
なんで『MYTH & ROID』を辞めたのかは知らないよ。
でも、その才能は『MYTH & ROID』というユニットだから
上手に活かされてただけで、ソロでは売れない現実。

結局、ボーカルも楽器の1つなんだと思う。
例え自分のやりたい音楽をやれたとしても、
結局、お客さんに聴いてもらえなければビジネスにならない。
これが「自分を貫いた結果」だとしたら、
不本意だとしても音楽プロデューサーに従って、
“アンドロイド”として楽器を演じていた方が良かったのかも?

他人の声を断って、自分らしく生きる

フォローしてなくても、フォローしている人のリツイートやナイスで
見なくていい人のツイートが見えてしまうことがある。
人間とは不思議な生き物で、
見えてしまうと気になってしまうことがある。
本当に奇妙なものだ(笑)

つい先日、見なくていい人のツイートを見て知ってしまったが、
「ツイートを削除する!」だの騒いでいるご様子。
多くの人に認知してもらうために騒ぐのは理解できるが、
節度の無い騒ぎ方は品性を疑われても仕方がないと思う。
認知度が上がるにつれて、アンチが増えるのがネットの常だから、
フォロワーの増加に伴って、言動にも注意を払う必要がある。
ま、別にネットに限った話ではないのだろうけど、
人気者を演じるのは凄く大変そう(笑)

僕は今後、ツイッター等のSNSの使用を極力控えようと思う。
世の中には「見なくていい事」や「知らなくていい事」が少なくない。
多くの情報がリアルタイムで飛び交うツイッターは
情報源としても情報発信源としても非常に有用だが、
気になることがあると多くの時間を無駄に奪われることがある。
その時は我を忘れて夢中になってしまうような事でも、
後になると「大した事ではなかった」って思うことが少なくない。

ちょっと極端かもしれないけど、口論でも喧嘩でも殺人事件でも、
発端は「どうでもいいこと」だったりするんだよね。
最近流行りの「あおり事件」にしても、
「○○に腹が立った」程度のことで人はキチガイになれるし(笑)
凄く無駄なことに意地を張ったり感情的になって、
しなくて良いことをしてしまうことがある。
「それはナゼか?」
それは無駄に他人と接触してしまうから。
ブログを書いている僕がこんな事を言うのは変だけど、
承認欲求や自己顕示欲は、度を超えるとロクなことがない。
多くの人に見てもらうために危険なことに挑んで、
命を落とす人も珍しくないんだよね。
人間って愚かな生き物で、
他人から認められないと死ぬ病気なのかもしれない(笑)

聞いた話だと、頭の悪い人ほど群れたがるらしい。
人は群れることで安心し、思考が停止するらしい。
人とツルんで同じことをやる事で、
「みんなと同じだから、俺は間違ってない」と思うらしい。
だからって訳じゃないけど、
他人と接触するのは極力控えようと思い始めた。
という訳で、ツイッターから距離を置こうと。

今日の結論。
SNSの利用頻度やブログの更新頻度の低下は、
「自分らしく生きている」ことの証かもしれない。
今日そう感じたから、今日その気持ちを綴っている。
いつかブログを読み返した時、
「あの頃はそんなことを考えていたんだな」って思い返す。
言わば、自分の記録帳。
書きたい事が少ない時は、ストレスも少ない時なんだと。
人恋しくならないのは、自分を保てている証かと(笑)

SNS疲れ

今さらなんだけど、ツイッターって論争が多くない?ま、別にツイッターに限った話でもないんだけど。掲示板の書き込みとか見ても、なにかと荒ぶっている人ばかり。なんで人間はこうも争いを好むんだろう?

最近やたら目に付くのが韓国との国交絡みのツイート。日々暮らしていて韓国のことを考える事なんて無いから、とってもウザいんだよね。香港のデモの話ももう飽きたよ。 正直、 あれは一過性のファッションだと思う。「政府と戦ってる俺カッケー!」みたいな(笑) デモをやってる若者にしても夏休みの暇つぶしにデモに加わってたのが大半だろうから、本気でやってる連中はごく一部だろうし。それに、正義を主張すれば街を破壊したり、空港を占拠してもイイなんてルールなんて無いし。今後、香港がどうなろうと僕の暮らしには何も影響しないし。

という訳で、ツイッターのアカウントを大掃除しようかと。アニメと競馬を静かに楽しめるように、論争ネタをツイート・リツイートする人とは断交して、平和にアニメや競馬についてツイートしてる人たちとだけ交流しようかと。フェミとか敵視している人も、この際まとめて削除しようと思ってる。とにかく争いごとの火種となりそうなネタを撒き散らかしている人には近付かない・呼び込まないを徹底しようかと。

こんな事を言っちゃいけないのかもしれないけど、平和な場所でクーラーの効いた部屋の中でアイスクリームを食べながら主義主張を唱えてても世界は何も変わらないのよ。結局、どこまで行っても自己満足でしかないので、そんな時間を無駄なツイートを眺めて過ごすのがもったいないし。その時間を好きなアニメの視聴に回したり、予想法の研究に回した方がはるかに有意義だと思うので早速今日から実践しようかと(笑)

「人を殺したければ車を使え」ってこと?

法律の限界を感じるわ。

昨日、2018年に兵庫県の加古川バイパスで起きた母子3人が亡くなった死亡事故の裁判の判決が下された。言い渡されたのは『禁錮3年』の実刑判決。これが長いのか短いのかは人それぞれなんだろうけど、亡くなった3人の無念を思えば「軽すぎる」判決だと思う。

つくづく「人の命って軽いな」って思う。

判決で神戸地裁は 「結果は重大極まりなく厳重な処罰は当然である」と言っているにも関わらず、下した判決がたったの『禁錮3年』だよ。それって「殺人1人あたり1年の禁固」ってことでしょ?起こしたくて起こした事故ではないにしても、3人の命を奪って『禁錮3年』じゃ、遺族だって納得できないでしょ?これが現行法の限界なんだろうね。

なら「人を殺すなら車を使えばイイ」ってこと?

「おいおい、乱暴なことを言うなよ」って、お叱りを受けるかもしれないけど、結局はそういうことでしょ?世間を騒がせた“あおり男”にしても、車を使った犯罪だから大した罪には問えないと聞く。どんな悪質な行為でも「車を使いさえすれば」大した罪には問われないという事だ。池袋で起きた暴走事故にしても大した罪には問われていない現実。現行法では、車という凶器を使えば、何人殺しても大罪にはならない。

結局、被害者は泣き寝入りするしかない。

被害者になった時点で負けが確定しているのだから、「被害者にならないようにする以外に、他に手の打ちようが無い」のが現実なのだろう。この加古川バイパスの事故の場合、渋滞の最後尾にいてトラックに追突されたみたいなので、前方に渋滞を確認したら、減速と同時にすぐにハザードを点滅させて後続車に危険を知らせよう!急速に減速しない程度に数回に分けてブレーキランプを点けるのも効果的だと思う。自分が追突しないだけでなく、自分が追突されない運転も常に意識しないといけないと思う。

あおり事件にしても、「あおられない」運転を心掛けるしかない。「あおってくるキチガイが悪いんだろ!」という人がいるが、車のハンドルを握る人なら分かると思うけど、あおる人なんて珍しくないんだよね。だから、前ばかりでなく後方から忍び寄ってくるキチガイにも気を付ける必要があると思う。例えば高速道路なら、追い越したらそのまま追越車線を走らずに走行車線に戻ろう。そもそも追い越し車線を走り続けるのは違反だからね。それにキチガイが好むのも追い越し車線なので、できるだけ左側の走行車線を走ることを心掛けるのも大切だと思う。

最後に、神奈川県大井町で起きた「東名あおり事故」について触れておくけど、あの事故では「キチガイを挑発した」ことが最大のミスだったと思っている。悪いのは犯人である石橋だ。そんなことは言うまでもない。だが、その石橋の“発狂スイッチ”を入れてしまったのは、他でもない亡くなった夫婦の夫なんだよね。「雉も鳴かずば撃たれまい」とはよく言ったものだよね。「邪魔だ!」なんて言わなければ家族を危険に晒すことも無かったし、 本人も命を失わずに済んだのに・・・。

例え正しくても、勝てるとは限らない

「自分が正しければ勝てる」と思い込んでいる人がいるけど、世の中には正論や法律といったものが通用しない人がいっぱいいる。「負けるが勝ち」じゃないけど、その場は負けることで危険を回避するのが結果的には正しい判断だったりする。つまらない意地を張っているより、安いプライドなんかサッサと捨てて、安全を優先しよう!世の中の大半は、あとで振り返ると「取るに足らない下らない事ばかり」なんだよ。一時の感情に流されて誤った行動を取るより、一歩引いて深呼吸をして冷静に行動しよう!

「金持ち喧嘩せず」「君子危うきに近寄らず」

社会の中には想像以上に多くのキチガイがいて、そのキチガイたちが車のハンドルを握って走り回っている。だから「車は安全な乗り物」という考えを捨てて、車のハンドルを握ったいる時も、そして街を歩いている時も、常に凶器が走っていると思って身の安全を守って欲しいと思っているよ。