予想成績は公開しなくていいのかも

予想を買いたい人がいる限り、予想屋は必要とされる訳だけど、
はたして新しい予想屋プラットフォームは必要なのだろうか?

一見、予想を買いたい客目線で考えると、
『予想成績の透明性』って凄く大切だと思いがちだけど、
それって実は“予想を買わない人目線”であって、
実際に予想を買ってる人は、予想を買わない人の想像とは裏腹に、
予想成績(特に通算成績)をあんまり気にしていないのかも?

「そんな訳ないだろ?」

そう考える人ほど予想を買わないのかも?
予想を買わない人ほど、
予想を真剣に研究してる人ほど、
予想成績を重要視するのかも?と仮説を立ててみた。
要するに、注意深く観察する人は予想を買わない側の人間で、
注意深く観察しない人たちが予想を買う客層なのかも?
だとしたら、予想成績をガラス張りにしているサイトより、
予想成績をボカしているサイトの方が予想が売れるのかも?

ちょっと話が逸れるけど、
魚釣りの『ルアー(疑似餌)』をご存知だろうか?
知らないならネット検索がするのが手っ取り早いと思うけど、
知らない人のために簡単に説明すると、
魚を釣るための偽物(にせもの)の餌(エサ)のことで、
多くは魚が食べているエサの形をしているんだけど、
一部は、エサとは全く関係ない形をしている。

ついついエサに近い形状にすることが正しいようだけど、
形状より“動き”の方が重要なのかもしれないと考えてみた。
思わず食べてしまいたくなる動き。
ルアー同様、予想にも全く同じことが言えて、
“思わず買いたくなってしまう要素”が大事なのかも?
考えさせるんじゃなく、衝動的に買わせちゃうの(笑)
もし僕の仮説が正しくて、「考える人は予想を買わない」のなら、
考えない人をターゲットにしないと予想屋は成り立たないのかも?

「騙す」のは悪いし、そもそも違法だ。
でも、良い所だけ見せて悪い所は見せないのは違法ではない。
「卑怯」だとか言いたい人には言わせておけばいい。
予想を買う人は予想成績なんか見ていないのなら、
初めっから予想成績なんか見せない方がいいんだよ。
実際に、予想屋として成功しているサイトは
予想成績(特に通算成績)を公開していないでしょ?
『美味い食券』や『レヂマガ』『noto』にしても、
通算成績や詳細成績は基本的に非公開じゃない?
つまり、予想成績にこだわるのは予想を買わない人たちで、
予想を買う客層は、意外や意外、予想成績を気にしない。
だから、成績の透明性にこだわっているのは売る側であって、
予想を買う側は成績の透明性には無関心なのかもです(笑)

だから、ある意味では、悪徳サイトが蔓延るんだよ。
なんでかと言えば、客層が頭を使わない層だから。
予想を売る側を『漁師』、予想を買う側を『魚』と考えれば、
衝動的に食わせるルアー(疑似餌)の方が釣れるんだもん、
「わざわざ本物のエサを用意しなくてもいい」ってなるでしょ?
そう考えると、本当に当たる予想ではなく、
いかにして当たらない予想で客を釣るか?を考えた方が賢い。
「まじめに考えるだけ無駄なのかもしれない」なんて
思ったり、思わなかったりする訳ですよ(笑)

騙して売るのではなく、衝動的に食わせるのです!
いいですね。大事なことなので二度言います。
騙すんではないですよ。美味しそうに見せるだけなんです!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です