女子プロレスラー自殺に思ふ

正直、ネットでニュースを見るまで、
この人の事も、この人が出演していた番組も知らなかった。
なんか、みんなが騒いでるなぁ~って思ったら、
女子プロレスラーが自殺したって知ったんで、
「へ~、そんな事があったんだ~」って気付いたんだ。

ネットに限らず、他人を誹謗中傷するのはいけない事なんだけど、
そういう事する輩って絶対にいなくならないんだよね。
だから、ネット(特にSNS)をやるならスルースキルを身につけないと、
自分が悪くもないのに、この人みたいに死に追い込まれる事になっちゃう。

表現としては不適切かもしれないけど、
これって、ある意味では、この人もSNS依存症だったのかも?って思う。
誹謗中傷する連中も十分ネット依存症だと思うけど、この人も、っていう意味ね。
見なければいいのに見ちゃう。まあ、気になったんだろうね。
自分が世間から、どのように思われているかって。
でも、気にし過ぎると心が病んじゃう、病んじゃうよ~

テレビ番組のクレーマーとかでもいるよね?
「不謹慎!不謹慎!」「けしからん!けしからん!」とか言いながら、
結局、最後まで見て、不快な気分になって苦情を言っちゃうクレーマー。
見ないという選択肢も、チャンネルを変えるという選択肢もあるのに、
わざわざご丁寧に最後まで見て、不快な気分になっちゃうなんて、
ある意味、「精神的な病気なんじゃないかな?」って思っちゃう。

ネットって、良くも悪くも“掃き溜め”みたいな場所なんだと思う。
良い所や安全な場所もあるし、糞みたいな場所もある、みたいな。
現実の社会と何も変わらない。いや、匿名な分だけ厄介か?
でもさあ、匿名だから本音を言えるってトコはあると思う。
実名だと世間体やら社会の身分的に言えないような事でも、
匿名だから本音が言える分だけ、真実が分かる部分も。
何でもそうだけど、良い部分と悪い部分があるんだよね。
悪い所だけ取り上げて非難しても、本質は大して変わらないし。
結局、人間の本質が変わらないんだから、人間の取る行動も変わらない。
ルールや規則、法律で縛っても、基本的には何も変わらないと思う。

ネットもSNSも結局は道具、つまりはツールだから、
使う側の人間が使い方を覚えるしかないんだと思う。
包丁だって自動車だって便利だけど、使い方を間違えれば危ないでしょ?
ネットもSNSも同じだと思う。便利だから多くの人が使う。
多くの人が使うから、糞みたいな連中も使う。
仕方がないんだと思う。一定数の糞みたいな連中が混ざるのは。

僕はツイッターでニュースを見てコメントを打つことが多いんだけど、
誰か特定の人物の名前を書くわけでもなく、
誰か特定の人物へコメントするわけでもなく、
ただニュースサイトにレスコメントするだけで文句を言われることが少なくない。

世の中には自分の意見と違う意見を無性に嫌う輩がいるんだよ。
そういう連中って、常に叩ける獲物を探しているんだよね。
コメントしてる人が良い人か、悪い人か、なんてどうでもよくって、
「叩けそう」とか「他の連中から叩かれている」
「なら俺も一緒になって叩く!」みたいに、
叩けさえすれば正義も悪も関係が無かったりするんだよね。
そんなんだから、アッと言う間にネットリンチが始まる。

特に一番厄介なのは“善人気取り”のヤツ。
独りよがりの安っぽい正義感を振り回しているヤツが一番厄介。
そういうヤツにとっては、ネットとかSNSって格好の狩り場なんだと思う。
他人を叩いて悦に浸ってるヤツとは距離を置くのが吉だと思うわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました