【競馬指数の実力比較】函館記念

指数研究

ネット上に無料で公開されている競馬予想用の指数。
いっぱいあり過ぎて、どれがいいのか分かりません。
てな訳で、有名どころをピックアップしてサクサクッと比較してみようかと。

とりあえず、たたき台として下図の比較表を作ってみました。
ここからいろいろとアイデアを膨らませていき、
最終的に有用な指数と活用法を見つけられればいいかなって思ってます。
※U指数は有料会員向けサービスですが重賞レースのみ無料会員にも公開されています。

【函館記念2022】

権利者に無断で指数の数値や予想印などを転載すると著作権等に抵触する恐れがあるので、
公開されていない馬券に絡んだ馬の指数順位だけを独自に調べて載せることにしました。
僕がやりたいのは、あくまで指数の精度を検証したいだけであって、
指数の数値や予想などを盗用・転載したいわけではありません。

まあ、見てのとおりなんですが、馬券に絡んだ馬の指数順位を合計しています。
なので、合計値は最低6・最高51になり、低いほど精度が高くなる・・・はずですw
「なら、一番右側のU指数が18で一番低いから精度が高い」となりそうですが、
軸馬となる一番重要な指数1位が馬券に絡んでいないんですよね。
ですので、今回の場合は指数1位が馬券に絡んでいるΩ指数とWINDEXの方が上となり、
その2つを比較して数値が低い方、つまりWINDEXが一番精度が高いと判断します。
ただし、指数上位を馬連BOXで組み合わせるなら、U指数も悪くないことになります。

なんか少しややこしく感じるかもしれませんが、
これはあくまで『たたき台(草案)』ですし、精度の判断は人それぞれ違うと思うので、
もし良いアイデアがあれば当ブログかツイッターにでも気軽にコメントをください。
万一、本記事により指数の権利者様が不当な不利益を被る場合はご一報ください。
また、指数順位などに誤りがある場合も遠慮なくご指摘ください。速やかに対処します。

という訳で、今週から気合いを入れて指数の研究していきます。
できれば今年1月から今までの全ての重賞を比較してみて、
どの指数が精度が高いのか、数値を並べて検証していきたいたいと思いますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました