【予測能力/人気グラフ】武蔵野S、デイリー杯2歳S、奥羽S

予測能力/人気グラフ

本日(11/12)東京競馬場、阪神競馬場、福島競馬場の3場で行われるメインレース
武蔵野Sデイリー杯2歳S奥羽Sの予測能力/人気グラフを作りました。
今回から視認性向上のため、予測支持率と吉馬SPベースの予測支持率を削除し、
シンプルに実売オッズ支持率とWINDEXベースの予測支持率のみにしてみました。
■グラフ表示は以下のとおりです。
左(紫色)実売オッズ支持率
右中(黄緑色)WINDEXをベースにした予測能力値
※実売オッズ支持率は土曜日9:50頃のオッズを参照しています。
■ヲタコム的な予想ポイント
・実売オッズ支持率より予測能力値の高い馬に注目


上図は東京11R、武蔵野S GIII です。
グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、
ほぼWINDEXベースの予測支持率どおりに人気が形成されています。
※他の指数では、ここまで綺麗に形成されることは稀です。
これが私がWINDEXを高く評価し、予想の参考に利用している理由です。
基本的に“人気は馬の能力によって形成されている”と私が考えているためです。
逆に“人気と能力評価が揃わない指数は評価基準に問題がある”とも考えています。
そんなWINDEXは1番人気の7番レモンポップを1位評価しています。
ちなみに吉馬SPは人気薄の3番アシャカトブを、
U指数は更に人気薄の6番エアスピネルを1位評価しています。


上図は阪神11R、デイリー杯2歳S GII です。
このレースは出走経験の少ない2歳馬戦ということもありグラフが揃っていません
WINDEXは4番人気見当の1番ショーモンを1位評価しています。
ちなみに吉馬SPは7番人気見当の3番フォーサイドナインを、
U指数は2番人気見当の8番クルゼイロドスルを1位評価しています。


上図は福島11R、奥羽S 3勝 です。
上位人気は2勝クラスを勝ち上がって間もない馬たちで形成されているようです。
まあ、2勝クラスを勝ち上がってきた勢いのある馬の方が
3勝クラスで足踏みしている馬よりは評価が高くなるのは頷けます。
そう考えると、1番人気の4番コパノニコルソンは“伸びしろ”が大きいと判断され人気に、
対して12番アイリッシュムーンは実績的には1番強いと評価されているのかもしれません。
WINDEX吉馬SPも3番人気見当の12番アイリッシュムーンを1位評価しています。
なお、重賞ではないのでU指数の評価は分かりません。(重賞のみ無料公開)

コメント

タイトルとURLをコピーしました