ヲタコムです。

のらりくらりと生きてるアニメ&競馬好きの戯言

地方競馬のデータ収集を始めて早数ヶ月。
徐々に傾向などが掴めてきたので、先月から地方競馬に参戦し始めました。
と言っても、地方競馬全般ではなく主に南関東中心ですが。

ここまでで分かったことは、人気が大きく偏るレースが多いってこと。
中央競馬より細かくクラス分けしている割に力関係が大きく偏ってて、
人気馬が来れば配当は全然つかないし、飛べば高配当になるって感じ。
それに頭数が少ないせいか、全体的に中央競馬より配当が低い感じがする。
その中でも特に複勝がつかない印象。
人気薄の馬でも確定後の配当を見ると意外と配当が低かったりするし。
だから、目先の的中率を犠牲にしてでも複勝よりワイド、
ワイドより馬複の方が中長期的には回収率が高くなりそう。
もちろん、これは中央競馬でも同じことが言えるんだけど、
地方競馬の場合はそれが更に顕著ってことなんだ。
それと、意外と荒れるレースが少なくないので、
穴党なら焦らずに荒れるレースを待つのが良さそうだね。

※以下は南関東以外の地方競馬で感じることが多い事象です。
地方競馬をやっていて凄くストレスを感じるのはオッズがコロコロ変わること。
特に締切直前に一気にオッズが下がると「勘弁して!」と叫びたくなっちゃうよw
その下がり幅はインサイダーベット(内部関係者の投票)を疑いたくなるほど。
なんか、疑い始めちゃうとレースが不自然に見えてきちゃうから不思議だよね。
中央競馬と比較しちゃうから不自然に見えちゃうのかもしれないけど、
ゴール前で馬券に絡む先頭集団と、それ以外の馬たちがハッキリと別れる。
まるで事前に申し合わせたかのように別れるから不思議だよねw

地方競馬の騎手は中央競馬の騎手より騎乗機会が多い。
所属競馬場が決まっている関係で同じ競馬場で走ることが多い。
それなのに、明らかにレースに参加していないのかと思えるほど
先頭集団から離して馬を走らせるのは見ていて不自然に感じちゃう。
地方競馬は差しや追込みが決まりにくいから、
スタートからある程度は積極的に前に行かないと勝負にならない。
そんなこと毎日乗ってる騎手なら分かっているはずだけど、
負ける時と馬券に絡む時の積極さの違いは・・・
ま、大人の事情とかあるだろうから、これ以上は止めておきますww

それと、やっぱ内ラチ沿いを開けて走るレース形態は慣れないわw
特に酷いのが新しい名古屋競馬場ww
せっかくコースが広くなって、出走頭数も以前より多くなったのに、
内ラチ沿いを5・6頭分開けて走ってるのは違和感を感じるわw
あれって、何とかならないのかな?
コースを改修するとか、砂の量を工夫するとか。
内ラチいっぱいまで使った熱い戦いが見たい僕としては、
わざと内ラチ沿いに差し馬・追込み馬のためのワープゾーンを作っているようで
不自然に見えちゃうんだけど、こればっかりは仕方ないのかな?

【おまけ】僕は穴党だから地方競馬でも穴馬を狙うことが多いんだけど、
狙った穴馬がスタートから積極的に前に行くとワクワクするよ。
「やっぱ今回はヤリ(勝負)なんだな!」とww

現在研究開発中のオリジナル穴馬狙い指数(ヲタコム指数)
AIレーティングシステム(AIRS)の予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績を分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。
この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目の夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。
通算サイキョウ分析データ_20220502
上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印『△』『★』『注』は各レースにそれぞれ最多で1つしか打ちません。
(競馬新聞のように1つのレースに『△』を複数打つようなことはありません)
今回は4/30(土)2レース、5/1(日)3レース、計5レース予想配信しました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[1.1.0.3] 計2回馬券に絡み40.0%、通算では0.1%ダウンして48.8%⇒48.7%
○ AIRS2位:[1.1.0.3] 計2回馬券に絡み40.0%、通算では42.4%前回と変わらず
▲ AIRS3位:[0.0.0.5] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では0.3%ダウンして31.3%⇒31.0%
△ 本命穴馬:[0.0.0.3] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では0.2%ダウンして17.6%⇒17.4%
★ 連下穴馬:[0.0.1.2] 計1回馬券に絡み33.3%、通算では0.1%アップして18.8%⇒18.9%
注 上位人気:[2.0.0.2] 計2回馬券に絡み50.0%、通算では52.1%前回と変わらず
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。
通算サイキョウ分析データ単_20220502
上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
通算サイキョウ分析データ2_20220502
上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
通算サイキョウ分析データ収支_20220502
上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
※この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回は計5レース配信して1レースしか的中しなかったので的中率20.0%、回収率130.8%で、
通算成績では勝率は前回と変わらず、回収率は0.2%上がり、上図の成績になりました。

前回は調子が良かったピンポイント穴馬狙いですが、
今回は8番人気(複勝6.8倍)を1頭しか捉えられませんでした。
もっとコンスタントに穴馬を見つけ出せるよう、セッティングを変更したり、
いろいろ試しているのですが、改善には至っていないのが現状です。
荒れるレースは少なくないので、もっと多くのレースで予想を提供できれば良いのですが、
なぜか後半のレース(7~12R)では当たらないことが多いので、
頭数の揃っている前半の未勝利戦ばかりを狙っているような状態です。

大人気!競馬アニメ『群青のファンファーレ』の放送を祝しまして、
当ブログ『ヲタコムです。』で勝手にやってる非公認スペシャル企画、
春のGIシーズン限定『サイン予想(サイン解読)』ですw
今週末は、その第3弾となる天皇賞(春)です。

ちなみにサイン予想とは・・・(以下、青色のフォントは定型文)
「競馬にはシナリオがあって、あらかじめ勝つ馬が決まっているという
荒唐無稽な妄想を基に、勝つ馬を教えるために主催者がCMやポスターなど
広告媒体の中に隠した“勝馬サイン”と呼ばれる暗号を見つけ出し、それを解読し、
馬券で大儲けする」というトンデモ理論の予想法、つまり単なる中二病のことですw
あまりにバカげているので今の人たちは信じられないかもしれませんが、
今から30年ほど昔、インターネットみたいな情報源の無かった昭和時代に
必勝本が爆売れし大ブームとなった、れっきとした予想法なんです。


これから書くことはあくまでネタでありフィクションですので、
アニメや漫画、ラノベやファンタジーノベルの類として楽しんでもらえたら嬉しいです。
あくまで単なる妄想なので、くれぐれも信じないよう、よろしくお願いいたします。


つい先日(4/28)『おしえてぽ兄』の第3話がYouTubeのJRA公式チャンネルで公開されました。
僕はこの動画の中に天皇賞の勝馬サイン(暗号)が隠されていると考えています。

この動画のテーマは『馬の平熱』ということなので『熱』に注目して、
『熱=ヒート』と解釈して5枠9番ヒートオンビートに注目しました。
しかも!動画の1:50『半身浴(はんしんよく)』という言葉が出てきます。
はんしん、つまり「阪神競馬場で行われる天皇賞ということを意識しろ」ってことです。
阪神といえばタイガースですのでトラ模様の勝負服、社台レースホースがピッタリです(笑)
それと半身浴していそうな馬名ということで6枠11番マイネルファンロンも気になります。
半身浴、つまり下半身だけお風呂に浸かっているということです。
マイネルファンロンの下の名前ファンロンに「フ」「ロ」の文字があるので、
下半身が風呂(フロ)に浸かっている馬ということでマイネルファンロンが特注馬です(笑)

こちらの動画も気になります。

「HERO IS COMING.」天皇賞(春)篇が公開された同日に公開されたので、
ひょっとすると“天皇賞のサイン動画”という意味では、この動画が本命かもしれません(笑)
この動画のテーマはズバリ『紅一点』です。
いますよね?天皇賞にも紅一点が。そうです!3枠6番メロディーレーンです。
ただ・・・この馬の能力的にはここでは厳しそうなんで、
単なるサイン馬ということで同枠の3枠5番マカオンドール推しと読みました(笑)

ということで、天皇賞(春)サイン妄想の結論としては・・・
◎:3枠5番マカオンドール
5枠9番ヒートオンビート
6枠11番マイネルファンロン
2強が入っていないけど、マジで大丈夫なのか?(笑)

という訳で、以上で2022年の天皇賞(春)のサイン妄想はお終いです。
念のために申し上げておきますが、くれぐれも馬券は自己責任でお願いします。
ではまた、NHKマイルCのサイン妄想でお会いしましょう!

本日(5/1)行われる天皇賞(春)の予測能力人気分布図を作りました。
あくまで8:15現在の予測値ですので、ご留意願います。
天皇賞(春)予測20220501
左(紫色)が土曜朝8:15時点の実売オッズ支持率で
中央(薄緑色)が予測支持率で右(黄緑色)が予測能力値です。
毎回申し上げてるとおり、私が注目しているのは予測能力値が高いにもかかわらず、
実売オッズ支持率の低い馬、つまり“お買い得な馬”に注目しています。
この画像で言いますと右(黄緑色)の棒グラフが伸びている馬になります。
昨日から特段大きな変化はないようです。
17番シルヴァーソニックを筆頭に2番、4番の順に良さそうに見えます。
ですが、GIレーススペシャル企画ということで、
この後にアップするサイン予想で違う馬を予想しちゃったので、
17番も2番も4番も狙わないことにします(笑)

ということで、サイン予想の記事もすぐにアップしようかと思います。

現在研究開発中のヲタコム指数で、明日(5/1)行われる天皇賞(春)
本日(4/30)行われる青葉賞の予測能力人気分布図を作りました。
あくまで土曜日8:00現在の予測値ですので、ご留意願います。

まずは明日5/1に阪神競馬場で行われる天皇賞(春)GIです。
天皇賞(春)予測20220430
左(紫色)が土曜朝8:00時点の実売オッズ支持率で
中央(薄緑色)が予測支持率で右(黄緑色)が予測能力値です。
毎回申し上げてるとおり、私が注目しているのは予測能力値が高いにもかかわらず、
実売オッズ支持率の低い馬、つまり“お買い得な馬”に注目しています。
この画像で言いますと右(黄緑色)の棒グラフが伸びている馬になります。
現時点では17番シルヴァーソニックを筆頭に2番、4番の順に良さそうに見えます。
個人的には現在6番人気の9番ヒートオンビートに注目しています。

続いて本日4/30に東京競馬場で行われる青葉賞GIIです。
青葉賞予測20220430
現時点では10番ディライトバローズに注目しています。
予測支持率は5%ぐらいなので最終的には7~8番人気辺りに収まりそうです。

最近、全く当たらないので今週は当たって欲しいと強く願っています(笑)

↑このページのトップヘ