結論から申し上げると、
時間が許すのなら全レース予想した方が良いと私は思います。
但し、全レースの馬券を買うべきではありません。
勝てるレース、負けるレースの見極めが重要です。

よく「メインだけ」とか「重賞だけ」という方がいらっしゃいますが、
メインや重賞だから当てやすいとは限らないと思います。
大切なお金を賭けるのですから、少しでも当たる自信、
当たる確率の高いレースに賭けるべきだと私は思います。

冒頭で申し上げましたとおり、全レース予想することで
当たりそうなレースを見つけることが重要だと考えています。
自分が過去に予想したレースを分析して、
当たりやすいレースを見つけておくことも大切なことです。
むやみやたら予想して勝てるのでしたら構いませんが、
賭ければ賭けるほど負けが増えてしまうのなら、
冷静になって、過去の自分の予想と向き合うべきだと思います。

頻繁に予想スタイルを変えてしまう人は、
過去の予想を分析しても予想スタイルが変わってしまっているため、
過去のデータを活かすことができなくなってしまいます。
ですので、ある程度の期間は
同じ予想スタイルを貫くことが重要だと私は考えています。
但し、結果が思わしくないのにダラダラ続けるのは逆に危険ですので、
3ヶ月程度を目安に予想スタイルを変えてみるのが良いと思います。
念ために申し上げておきますが、予想スタイルを変えたら
全てのデータは取り直しになることを忘れないでおいていください。

勝てないレースには手を出さない

『勝てるパターン』と同様に『負けるパターン』の把握も重要です。
予想というと“前のめり”に構える人が多いと思いますが、
自分が歩んできた道に未来を予測する鍵が落ちていたりします。
前ばかりを意識せず、後ろも気にするべきだと思います。
「未来を予測するヒントは常に過去にある」と私は考えています。