来週から3場開催になるので、関東だけでなくローカルも狙っていくのですが、
実はメイン開催とローカル開催ではAIレーティングシステム(AIRS)の
パラメータセッティングが異なっています。

詳細は申し上げられませんが、
ローカル開催の方がメイン開催より穴馬寄りのセッティングになっています。
よく「俺は穴党だから」とか「俺は本命党」など耳にしますが、
競馬は『馬券に絡みそうな馬を狙うゲーム』ですので、
いつもいつも穴馬ばかり、人気馬ばかり狙っていても、
中長期的に安定して勝つのは難しいと思います。
ある程度は臨機応変に人気馬から穴馬まで狙える方が戦いやすいですし、
勝てる可能性も高くなるだろうと考えています。

それと、「穴馬を狙えないと勝てない」とおっしゃる方もいますが、
馬券の点数を絞って、しっかりとピンポイントで当てられれば
人気馬狙いでも十分に勝てると考えています。
統計データ的にも、人気上位ほど馬券に絡む確率は高いので、
穴馬狙いは“荒れるレースの見極め”ができなければ、
『外れる可能性の高いリスキーな戦術』と呼べると思います。
勝つ上で大切なことは「無駄な馬券を買わない」ということです。
せっかく穴馬を狙っても、点数を広げては回収率が下がってしまいます。
あれもこれもと手を広げてもワイドと複勝以外は
同着にでもならない限り、的中する馬券は1点だけなので、
点数を増やすのは「ハズレ馬券を買い増している」のと同じだと思います。

話を戻しますが、開催場や季節などによってレース傾向が変わります。
万能であれば1つのセッティングで良いのかもしれませんが、
残念ながら私の場合は万能ではないので、
開催場によってパラメータのセッティングを少し変えています。
レース傾向に合わせて臨機応変に対応するにしても、
過去のデータが無ければ、できない事なので、
日頃からのデータ収集・分析が非常に大切だと思っています。