AIレーティングシステム(AIRS)穴馬狙いの予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績を分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。

この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。

上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印『△』『★』『注』は各レースにそれぞれ最多で1つしか打ちません。
(競馬新聞のように1つのレースに『△』を複数打つようなことはありません)

今回は11/27(土)2レース、28(日)1レース、計3レース予想配信いたしました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[0.0.1.2] 計1回馬券に絡み33.3%、通算では0.1%ダウンして49.1%⇒49.0%
○ AIRS2位:[1.0.0.2] 計1回馬券に絡み33.3%、通算では42.2%のまま変わらず
▲ AIRS3位:[0.0.0.3] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では0.3%ダウンして32.3%⇒32.0%
△ 本命穴馬:[0.0.0.1] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では0.2%ダウンして17.4%⇒17.2%
★ 連下穴馬:[0.0.0.2] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では0.1%ダウンして18.5%⇒18.4%
注 上位人気:[0.0.0.2] 計0回馬券に絡み0.0%、通算では1.0%ダウンして51.0%⇒50.0%
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。

この成績だけ見ても分かるように今回はボロボロでした。
印を打った馬がことごとく馬券圏外になり、茫然自失の週末でした。
「手も足も出ない」とは、こういうことを言うのだと思います。

上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
今回も予想配信数が少なかったので大きな変化はありませんが、
全く良いところ無く終わったので『○』以外は全て成績が悪化しました。

上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
今回は惨敗でしたので全ての組合せの成績が悪化しました。

上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
※この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回は土日計3レース予想配信して1つも的中しなかったので的中率・回収率ともに0%でした。
通算成績では勝率が0.2%、回収率は0.5%下がり、上図の通算成績になりました。

最近の傾向から、堅いレースが多くなるだろうと想像はしていましたが、
想像していた以上に多く、全く穴馬を見つけられずに惨敗を喫しました。
明らかに潮目が変わったので、12月から戦い方を少し変えようと思います。
今までコロナ禍の無観客開催で荒れたレースが多かった分、
帳尻合わせ的に今年の12月は堅いレースが多くなるのではないかと考えています。
その一方で、例年は年末の競馬は「餅つき競馬」と呼ばれるように、
理不尽な荒れ方をする時期でもあるので、攻め方をあれこれと悩んでいます。

今週末から3週間、中山・阪神・中京の3場開催になります。
年末開催に向けて、この週末は4つの指数用のデータ取りをしていました。
Ω指数・AI指数・人気指数・WINDEXの4つの指数を比較・検討しているので、
集めたデータを基に、いろいろと検証をしていこうと思っています。
1年の締めくくりとなる12月、気持ちよく勝って良い正月を迎えたいと考えています。