あらかじめ言っとくけど、別にコンピ指数をディスりたい訳じゃないからねw

正直、コンピ指数が好きで使いたいのなら使えばいいと思うし、
コンピ指数を使って勝てる人がいるのなら、
それはそれで素晴らしいことだと思うよ。
僕がこうしてブログのネタとしてコンピ指数を取り上げるのは、
指数の中でコンピ指数って超有名な存在だから、
代表格として挙げさせてもらってるだけだし。
それに、僕自身も使ったことがあるので、個人的な意見もあるし。
なので、別に恨みとか憎しみがある訳じゃないから勘違いしないでねww

んで本題だけど、もし僕が日刊スポーツの有料サービスを利用するのなら、
コンピ指数ではなくPDF出走表に載っている人気指数の方を使うよ。
理由は、コンピ指数の40~90に対し、人気指数は1~99と幅があるから。
それと、コンピ指数と違って、同レース内に同じ数値の馬が複数いるし。

あくまで僕の個人的な意見だけど、40~90って幅が狭すぎると思う。
その狭い幅の中で同じ数値の馬が存在しないんだから、
例え1しか違わなくても、その違いって大きいような気がするんだ。
※コンピ指数では数値より順位の方が重要なのは理解してるつもりです。
それに、コンピ指数って結局のところ人気指数じゃんw
同サービス内に1~99に分けている人気指数があるのなら、
そっちの方を参考にした方が正確に人気を把握できそうだし。
ただ、人気指数はPDFに記載されていてテキストでの提供がないから、
PCに取り込む時に目視で手入力するしかないんだよね。
1場開催ならともかく、3場開催で36レース、土日で2日、
目視で手入力っていう作業は、今の僕にはハードルが高過ぎるわww

なんて言うか、コンピ指数のテクニカルとかいう買い方って、
ある意味、「上位人気3頭の単勝オッズを足して〇〇倍なら、
単勝人気〇番人気~〇番人気がターゲットゾーンになります」

って言ってるのと何にも変わらないように思えちゃうんだ。
あえて違いを挙げるなら、数値が時間ごとに変動しないことぐらい。
たぶん「その変動しないことが重要なんだよ!」とか
言い出す人がいるんだろうけど、数値の変動なんかより、
無駄に買い目の点数が多いことを気にした方がいいと思うよw
言ったらいけないのかもしれないけど、テクニカルの買い方って、
超大雑把で適当で、どう考えても絶対に損する買い方だと思うよ。
予想法や馬券術を少し研究したことのある人なら絶対マネしない、
合成オッズとか期待値を計算しない人向けの買い方だと思うな~ww

すまぬ!またつまらぬ物を斬ってしまった・・・(石川五ェ門談w)