昨日、競馬アニメ『群青のファンファーレ』第1話の個人的な感想を書いたので、
今日はネット上での評判や評価について書いていきます。

僕が参考にしたのは『投票トーク』というサイトなんだけど、
総数75票の評価投票で「おもしろい」の票数は8票(10%)に対し、
「つまらない」に投票されたのは残りの67票(89%)だから、
約9割の視聴者さんが第1話を「つまらない」と感じたことになる。
ま、このサイトの評価は全体的に厳しめの評価が多いんだけど、
僕的には、この評価は至極まっとうな評価だと思っているよw

「つまらない」と感じた理由の多くは、演出とか脚本の違和感なんだよね。
普段は見ることのできない騎手学校を舞台にしたアニメってことで、
どんな学校生活が見られるんだろうと期待して見始めたら・・・
「何これ?」っていう半端ない「これじゃない感」たっぷりの演出と脚本。
騎手学校ってルー大柴さんみたいな変な日本語しゃべる教官がいるの?
騎手候補生って長髪でカラフルに染めてていいの?

第2話以降に短髪にして髪の色を黒く戻すのかもしれないけど、
「なんでもっと普通に騎手学校生活を描けないんだろう?」っていう、
ごくごく当たり前な疑問や違和感を感じちゃうところだと思うんだけど、
この不自然な演出や脚本に制作陣は何も感じなかったのかな?

で、なんとなく分かったんだ、この作品のターゲット層。
狙いは女性ファン、それも“腐女子を含めた”女性ファンの獲得だろうとw
それなら、カラフルな長髪とかBLっぽさとか主人公が元アイドルとか、
変な日本語をしゃべる教官とか、不自然な演出や脚本も納得できちゃうし。
あと、ついさっき知ったんだけど、これってオリジナルアニメなんだね。
オリジナルアニメ、つまり原作となる元ネタの無いアニメってことなんだ。
要するに「こういうアニメを作れば売れるだろう」という思惑で作られたアニメ。
ま、最初っから競馬ファンのことなんて眼中になかったってことだよね。

ということで、競馬ファンでもありアニメ大好きな僕としては
製作委員会様の思惑どおりに大ヒットすることを心から祈っております(棒)