いきなり“そもそも論”ですが、なんで競馬学校を描こうと思ったんだろう?
こんなエピソードを描くくらいなら、別に競馬学校じゃなくても良くね?
それが群青のファンファーレ第3話を見た、僕の率直な感想です。

で、ネタバレしない程度に少しだけ第3話のエピソードに触れるけど、
いきなり夜間に無断で競馬学校から抜け出しちゃうとかダメでしょ、普通。
競馬学校って、そんなに管理がガバガバに緩いのかな?
競馬学校の生徒って、そんなに校則を守る意識が欠如してるのかな?
公正と安全を重んじるはずの競馬学校を
こんな風に安っぽく描いてしまうことに強い疑問を感じるよ。

第1話の放送から感じていたことなんだけど、緊張感が無いんだよね。
いや別にガチガチに硬いクソ真面目なお話を見たいわけじゃないんだw
でもさあ、これって競馬学校を描いたアニメじゃん。
もう少し緊張感があってもいいと思うんだよね。
多くの視聴者さんに楽しく見てもらうために、
あえてこういう演出にしたのかもしれないけど、
競馬学校ってこんなにユルユルなのかな?って思っちゃう。

元JRA騎手・調教師のタバラみたいに薬物や刃物、傷害で何度も捕まったり、
何度も何度も規則を破った素行不良のミカポンみたいな騎手もいるから、
中央競馬・地方競馬問わず、規則に対する意識の低い人は必ずいるんだけど、
このアニメに描かれているような生徒たちじゃ、同じことをしそうだよねw

正直、このアニメにはガッカリだよ。
僕自身、競馬ファンでもあり、アニメファンでもあるんで、
こんなディスってる感想ばかり書きたいのではなく、
もっと群青のファンファーレを見たくなるような楽しい感想を書きたいんだ。
でも・・・もう視聴するのも感想を書くのも疲れたよ。
なんとか今まで歯を食いしばって視聴を続けてきたけど、そろそろ限界です。
せっかく主人公が他の生徒たちと打ち解けて来て、
いよいよこれから面白くなるのかな?ってところなんだけど、
ここまで気持ちいいくらいに期待を裏切り続けてくれると、
今後の展開に期待する気が失せてきちゃうんだよね、マジで。