ヲタコムです。

のらりくらりと生きてるアニメ&競馬好きの戯言

2021年07月

AIレーティングシステム(AIRS)穴馬狙いの予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績を分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。

この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。

上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印『△』『★』『注』は各レースにそれぞれ最多で1つしか打ちません。
(競馬新聞のように1つのレースに『△』を複数打つようなことはありません)

今回は7/24(土)2レース、25(日)2レース、計4レース予想配信いたしました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[2.0.0.2] 計2回馬券に絡み、50.6%のまま変わらず
○ AIRS2位:[0.1.1.2] 計2回馬券に絡み、0.1%アップして41.1%⇒41.2%
▲ AIRS3位:[1.0.1.2] 計2回馬券に絡み、0.2%アップして35.4%⇒35.6%
△ 本命穴馬:[0.0.0.2] 計0回馬券に絡み、0.5%ダウンして19.8%⇒19.3%
★ 連下穴馬:[0.2.0.2] 計2回馬券に絡み、0.7%アップして17.7%⇒18.4%
注 上位人気:1回も打っていないので、34.6%のまま変わらず
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。

上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
特に目立った的中もなく、軒並み的中率も回収率も下がってしまいました。

上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
単勝成績同様、特に目立った的中もなく、軒並み的中率も回収率も下がってしまいました。
ただ、土曜日の新潟6Rで『▲★』の組合せで馬連114.4倍・ワイド33.7倍が出たので、
『AIRS3位▲と穴馬△★』との組合せも集計した方が良いのかもしれません。

上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
※この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回は計4レース予想配信し、土曜日の新潟6R2歳新馬戦で10番人気ビーアイオラクル
日曜日の新潟6R2歳新馬戦で12番人気シナモンスティックを捉えることができました。
残念ながら今回は、今後のための様子見でしたので少額での的中となってしまいましたが、
だいたい傾向は掴めたので、今週末からは金額を少し高めていこうと思っています。

過去のウマニティの予想コロシアムの成績を見ても、
AIRSの穴馬狙いは新馬戦との相性が非常に良いことが伺えますし、
ようやく待ちに待った“多頭数の”新馬戦が組まれるようになったので、
いよいよ今週末から俺様の本気を・・・
おや?今、ふと頭の中に「俺はまだ本気を出してないだけ」とか
「明日から本気出す」なんて言葉が思い浮かびました(笑)

AIレーティングシステム(AIRS)穴馬狙いの予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績を分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。

この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。

上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印『△』『★』『注』は各レースにそれぞれ最多で1つしか打ちません。
(競馬新聞のように1つのレースに『△』を複数打つようなことはありません)

今回は7/17(土)8レース、18(日)3レース、計11レース予想配信いたしました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[1.4.1.5] 計6回馬券に絡み、0.2%アップして50.4%⇒50.6%
○ AIRS2位:[2.2.2.5] 計6回馬券に絡み、0.6%アップして40.5%⇒41.1%
▲ AIRS3位:[1.1.0.9] 計2回馬券に絡み、0.7%ダウンして36.1%⇒35.4%
△ 本命穴馬:[0.1.2.2] 計3回馬券に絡み、2.7%アップして17.1%⇒19.8%
★ 連下穴馬:[1.0.0.8] 計1回馬券に絡み、0.3%ダウンして18.0%⇒17.7%
注 上位人気:[1.0.0.1] 計1回馬券に絡み、1.3%アップして33.3%⇒34.6%
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。

上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
★が1回1着となり★の回収率が5%程度改善しましたが、他は軒並み低下しました。

上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
今回は◎AIRS1位と△・★穴馬の組合せが調子良く、回収率が大幅に改善しました。
やはり、お勧めの組合せは『◎△と◎★のワイド』だと思います。
ただ欲を言うと、もう少し的中率が上がって欲しいというのが本音ですが。

上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
※この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回は計11レース予想配信し、土曜日に8番人気、10番人気、10番人気、
日曜日にも10番人気と、計4頭もの穴馬を捉えることができ、大満足な週末となりました。
特に、10番人気の3頭はピンポイントで捉えていたので、自分自身でも凄く驚きました(笑)
今週末からは新潟と函館の2場開催になるので、レース数が減る前に勝てて良かったです。
夏のローカル開催用のAIRSのセッティングがだいたい煮詰まってきたようですので、
秋のメイン開催(中央場所)が始まるまでは、今のセッティングのまま行こうと思います。

少々話が逸れますが、現在、新しい予想法の開発に取り組んでいます。
と言っても、殆ど全ての新しい予想法は企画倒れでボツになるのですが(笑)、
予想法の研究が好きなので、あれ・これと閃いたアイデアをいろいろと試しています。
その中の一つに『地方競馬版AIRS(主に南関東競馬向け)』があるのですが、
地方競馬は予想の基となるデータを集めにくいので、あまり捗っていないのが実情です。
「地方競馬も中央競馬くらい当たれば面白いだろうな」などと考えているので、
いつ完成するか分かりませんが、のらりくらりと進めていきたいと考えています。
既存の考え方に囚われず、自由な発想で予想法の研究・開発に取り組んでまいります。

AIレーティングシステム(AIRS)穴馬狙いの予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績を分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。

この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。

上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印『△』『★』『注』は各レースにそれぞれ最多で1つしか打ちません。
(競馬新聞のように1つのレースに『△』を複数打つようなことはありません)

今回は7/10(土)4レース、11(日)3レース、計7レース予想配信いたしました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[1.1.1.4] 計3回馬券に絡み、0.2%ダウンして50.6%⇒50.4%
○ AIRS2位:[0.1.2.4] 計3回馬券に絡み、0.1%アップして40.4%⇒40.5%
▲ AIRS3位:[3.0.0.4] 計3回馬券に絡み、0.2%アップして35.9%⇒36.1%
△ 本命穴馬:[0.0.0.4] 計0回馬券に絡み、1.0%ダウンして18.1%⇒17.1%
★ 連下穴馬:[1.1.0.4] 計2回馬券に絡み、0.4%アップして17.6%⇒18.0%
注 上位人気:[0.0.0.1] 計0回馬券に絡み、1.5%ダウンして34.8%⇒33.3%
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。

上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
▲AIRS3位が3回1着となりプラ転し、★連下穴馬が1回1着となり回収率が改善しました。

上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
今回もAIRS上位が不振でしたので、ほぼ全ての組合せの回収率が下がってしまいました。

上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
※この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回は計7レース予想配信し、『★』が8番人気と6番人気を拾ってくれたおかげで、
なんとか辛くもプラス収支で終えることができましたが、今回は厳しかったです。
個人的な希望としては、AIRSは新馬戦や未勝利戦、下級条件戦が相性いいので、
2歳馬戦の出走頭数がもっと揃って(増えて)欲しいと願っています。

AIレーティングシステム(AIRS)新しい穴馬狙いの予想を配信させていただいている
競馬最強の法則WEB『サイキョウの買い目』の通算成績分析データ化しましたので、
予想成績表のスクリーンショットを複勝、単勝、連勝、収支の順で公開いたします。
※分析データとは、予想印の傾向を分析してデータ化したものであり、
 あくまで参考指標として予想印の的中率や回収率を公開しております。
 配信している予想の買い目とは異なる場合がありますのでご留意ください。

この成績は投票金額の強弱に関係なく均等買い(ベタ買い)の成績となっています。
なお、予想成績の詳細はトップページのメニュー『サイキョウ通算成績』から
サイキョウの買い目夢見ガチのページにアクセスしてご覧ください。

上の画像は複勝成績のスクリーンショットです。
現在は△と★の複勝もしくは、それらを絡めたワイドを基本戦術にしているので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』の複勝的中率と複勝回収率を重視しています。
※予想印の『△』『★』『注』は必ずしも全レースに打つとは限りません。
今回は7/3(土)5レース、4(日)4レース、計9レース予想配信いたしました。
【サイキョウの買い目での複勝的中率の変化】
◎ AIRS1位:[2.1.1.5] 計4回馬券に絡み、0.2%ダウンして50.8%⇒50.6%
○ AIRS2位:[1.0.0.8] 計1回馬券に絡み、1.1%ダウンして41.5%⇒40.4%
▲ AIRS3位:[2.1.1.5] 計4回馬券に絡み、0.3%アップして35.6%⇒35.9%
△ 本命穴馬:[0.0.0.2] 計0回馬券に絡み、0.5%ダウンして18.6%⇒18.1%
★ 連下穴馬:[1.0.1.3] 計2回馬券に絡み、0.7%アップして16.9%⇒17.6%
注 上位人気:[2.1.0.3] 計3回馬券に絡み、5.4%アップして29.4%⇒34.8%
※『注』の印は、AIRSの評価が高くない上位人気馬に打つようにしています。

上の画像は単勝成績のスクリーンショットです。
★連下穴馬が1回、▲AIRS3位が2回1着となり、回収率が改善されました。

上の画像は馬連・ワイド成績のスクリーンショットです。
今回はAIRS上位が不振でしたので、全ての組合せの回収率が下がってしまいました。

上の画像は『サイキョウの買い目』での収支成績のスクリーンショットです。
この成績は期待値に関係なく『サイキョウの買い目』で配信した全レースの通算成績です。
今回はAIRS上位が不振だったのですが、穴馬狙いで6・7・8番人気を捉えられ、
好配当のワイドが的中したおかげで、土日いずれもプラス収支で終えることができました。

7月に入り本格的に夏のローカル開催(夏競馬)が始まりました。
複勝で穴馬を狙うことが多い私としては多頭数のレースが好きなのですが、
今回は、特に7/4(日)の小倉で少頭数のレースが多く、苦戦が予想されました。
幸い、大きな損失が出る前に収支をプラスにすることができましたが、
点数を広げる形で“的中を拾いにいってる”感じなので、まだまだ改善が必要です。
荒れることの多い夏のローカル開催ではAIRS上位はあまり信頼できないので、
穴馬(6番人気以下)をピンポイントで狙い撃つことで勝ち続けたいと思っています。
まだ1週目なので過信は禁物ですが、穴馬狙いのセッティングは悪くないようなので、
『△本命穴馬』と『★連下穴馬』を中心とした予想で今後も頑張ってまいります。
「穴馬を軸にするのなら、穴馬に重い印を打つべきじゃないのか?」
という考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、私の場合、
予想データ集計の利便上、印の打ち方を決めて集計・検証しているので、
本来なら軽い印である『△・★』の方が予想において重要な役割を果たしています。
へそ曲がりな性格なので、セオリーを無視した予想スタイルを展開していますが、
セオリーを無視した独自理論だからこそ、こうして穴馬を狙えるのだと私は考えています。

↑このページのトップヘ